洗濯ロープの室内での簡単な貼り方!旅行先ではあったほうがいい?


雨の日でも、晴れの日でも毎日着る洋服や
毎日使う布団やシーツなどの洗濯は
欠かすことができない家事のひとつですよね。

洗濯を忘れてしまうと、着たい服が着れなかったり、
大量の洗濯物が溜まってより家事が大変になったり、
さらに汗で汚れた衣類を放置してしまうと
嫌な臭いに悩まされたりするので、
なるべく負担の無いように行っていきたいですよね。

洗濯するときに、ベランダがあるひとは物干し竿をよく使う方がいますが、
最近では場所を節約するために、
また好きなところで干せるというメリットから
「洗濯ロープ」を使う方もいるようです。

今回はそんな便利な洗濯ロープ簡単な張り方などについて
ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



洗濯ロープを室内で使う簡単な方法

洗濯ロープは、ホームセンタや量販店、
通信販売でも簡単に購入することができます。

価格も数百円のものから数千円物まで幅広くありますので、
自分のお財布と機能と相談ができます。

価格が高い洗濯ロープは、
ひっかける両端のツメの部分が
しっかりとしたつくりで壊れにくいといった特徴があるようです。

その洗濯ロープのメリットは何と言っても、
干す場所を選ばないというこころです。

ベランダがあるひとは外で洗濯物を干せますが、
雨の日や天気が悪い時は干せませんね。

また室内用の物干し竿も選択肢としてありますが、
スペースを取ることや費用がかかるので、
持っていないというひともいるでしょう。

そんなときに役に立つのが洗濯ロープです。

さらにメリットとしては、設置が簡単です。

張り方としては、部屋の角から角まで対角線上にロープを渡す方法があります。

部屋が狭い人は対角線状であれば
ロープの距離を確保できるのでたくさんの洗濯物を干すことができます。

また、カーテンレールに引っ掛けるという方もいるようです。

洗濯物の重さでカーテンレールが歪んでしまう恐れはありますが、
スペースを取らないに越したことはないですね。

部屋の中に洗濯物があるので、
部屋の中の見栄えはよくないかもしれませんが、
非常に効果的な方法だと言えましょう。

部屋の中は湿気が気になるという方は、
換気扇がついているお風呂でも使用可能です。

中には玄関で干しているといったかたもいますので、
自分のライフスタイルに合わせて干せますね。

洗濯ロープは旅行先ではあったほうがいい?

もし短期の旅行ではなく数泊旅先にでるときで、
荷物に余裕がある方は、ロープを持っていくのは良いでしょう。

最近のロープは、いろいろな長さのものがありますので、
自分の衣類の量などで選ぶこともできます。

またアジャスターがついているものもありますので、
そのときどきの干したい場所を選ばずに使用することもできます。

また、巻尺のように巻いて収納するタイプや簡易ハンガー付き、
洗濯バサミ付きのロープもありますので、
自分の旅先でのスタイル・衣類と合わせて使用できます。

いまはあまりないとは思いますが、
もしスーツを持って行ったときホテルなどの旅先で
かける場所がないときには非常に便利です。

いまは簡易ハンガー付きの洗濯用ロープも売ってありますので、
カバンにひとつだけ常備しておくと便利でしょう。

また、思いもよらない雨や
何かトラブルで衣類が汚れてしまったときでも、
洗濯用ロープは大活躍です。

洗ったものを簡単に場所を選ばずに干すことができます。

特にアウトドアなど天気が変わりやすい環境にいる場合には、
外にも干すことができない場合があるでしょう。

そうしたときも洗濯ロープはテントの中やバンガローの中など、
ちょっとした引っ掛ける場所があれば使用できるので、
旅先で役に立つこと間違いなしでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

洗濯ロープの簡単な使い方や旅先での使用についてみてきました。

かさばらないけれども、
しっかりと役目を果たしてくれる洗濯ロープをぜひ使ってみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す