雨の日のゴルフの服装は?飛距離や打ち方はどうすればいい?


雨の日のゴルフを楽しむ為にも事前準備をしっかりしてすることが大切です。

雨の日のゴルフは普段のゴルフウエアーでは
濡れてしまいますのでレインウエアーを着る必要があります。

スポンサードリンク



まず、雨の日のゴルフに必要なもの

● 傘
体を塗らず冷やさないためにも軽くて大きめの物を準備しましょう。

● タオル
ゴルフクラブによっては持ち込み禁止のクラブもありますが
できれば2〜3枚程準備すると良いでしょう。

● 雨用の帽子

● レインウエアー

● ビニール袋
ジップロックみたいなジッパー付きの物を用意しましょう。
連れてこまるものタバコ、携帯などを入れるために。

● 防水シューズ
防水用のシューズが良いでしょう。
ですが、防水シューズでも水を染み込んできますので
靴下を何足か準備しておくとよいかと思います。

● グローブ
グリップとグローブの間に水分が多ければその分滑る可能性があります。

天然皮革のグローブを使うと雨に濡れたまま使うと劣化の恐れがありますので
それを防ぐためにも雨用のグローブがありますのでそれを使いましょう。

レインウエアーは防寒や暴風対策にもなりますのでゴルフ以外でも普段使いにもなります。

今のレインウエアーは袖を外せるタイプもありますので
ゴルフで袖がじゃまな時などよいですね!

せっかくのゴルフ雨の日楽しくラウンドを楽しむためにも
準備をしっかりしましょう。

雨の日にゴルフの飛距離はどれくらい落ちる?

雨の日のゴルフは晴れの日ひに比べて飛距離は短くなります。

通常の飛距離より10〜20%ロスします

この事を頭に入れラウンドするようにしましょう

晴れの日よりも雨の日では1番手から2番手大きめのクラブを選ぶようにすると良いです。

ドライバーやアイアンなどクラブに水が溜まると
飛距離が落ちますのでうつまえにはクラブフェイスを拭くようにしましょう。

ウエアーを1枚着ただけでもスイングに影響します。

リズムやタイミングにも影響し途中で雨具を着た理由で
いつものタイミングで打てない場合もあります。

雨の日のゴルフに注意しておきたい打ち方

雨の日のゴルフにはいくつか注意点があります。

雨の日の髪や洋服が濡れてしまいゴルフの妨げになります。

視界を妨げにならないようにゴルフ用のレインボーキャップをつけたりしましょう。

先ほども書きましたが雨の日のゴルフは距離が伸びません。

スイングはコンパクトに振る

雨の日ら普段のスイングの七割程度にするよう心がけましょう。

雨の日は足場も悪くボールの状態も良くないため
フルスイングをするとミスショットに繋がります。

確認にインパクトしないと飛距離もロスします。

パターをのまえには必ずボールを拭く

濡れたボールには砂や泥がついていますので必ずボールを拭きましょう。

パターは一粒の砂でも距離間を狂わせるからです。

クリップやフェース面の水滴をしっかりふく

フェースとボールの間に異物が入り込むとボールは本来の方向に飛びません。

ラフはフェアウェイより芝生が長いため
インパクトでフェース面とボールの間に芝生が入り混んでしまいます。

それだとボールがスピンがかからない状態の棒球になり予想以外の距離を飛んでしまいます。

フェース面に水がついていても同じです。

水がフェースにのせるのを邪魔しますので予想外の距離を飛んでしまいます。

なのでグリップやフェース面の水滴はこまめに拭くようにしましょう。

まとめ

雨の日のゴルフはいろいろと用意しないといけないものがいっぱいあります。

逆に雨の日のゴルフの方が楽しいという方もいるかましれません。

楽しくラウンドをするためにも念入りのチェクを行い楽しみましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す