台風のシーズンはいつまで?沖縄や九州や関西や東京では?


台風シーズンになると、

テレビで台風が上陸している地域で中継があったり、

台風の影響で飛行機や電車が動かなくなったりで、

台風の動きが気になりますね。

 

 

台風が多いシーズンは地域によって違いますので、

地域別の台風シーズンについて解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

まずは、一番台風のシーズンがくるのが早い沖縄について。

 

沖縄では年によっては5月に台風が接近したことがあり、

遅い時期では12月にも接近したことがあります。

 

ただこのようなケースはまれで

台風シーズンとはよべないので、

大体平均的なデータを見ますと、

7月から10月までが台風のシーズンだといえます。

 

 

続いて九州の台風のシーズンはいつか?

九州の場合ですと、

沖縄に比べて期間が短く

7月から9月までが台風のシーズンになります。

 

 

関西や東京の台風のシーズンは?

 

関西東京では

日本の南に位置する沖縄・九州に比べ、

期間は短く 8月から9月までが台風のシーズンになります。

 

 

こうしてみると

日本の南側では台風のシーズンが長く

北へ行くと短くなっていきます。

 

 

台風接近数で見ても

関西や東京に比べ沖縄や九州では

多くなりますので、

この時期に旅行に行く際は、

台風情報をよく見て出かけてください。

 

 

東北北海道では

8月9月が台風の時期なのですが、

他の県に比べて圧倒的に台風接近の数が少ないので、

台風に関してはそこまで警戒する必要は無いです。

 

 

海外旅行に行く際も台風には注意が必要で、

特にフィリピンでは6月から11月は雨季に入り、

この時期は雨が多くその中でも8月から10月は

台風が発生することも多いので、

注意してください。

 

 

台風の影響で、

交通機関がストップしてしまうことはよくありますので、

最新の台風情報をこまめに見て

家に帰れないなんてことがないように気をつけましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す