洗濯ネットに入れるものや使う意味は?正しい使い方をご紹介


洗濯物は毎日行う大切な事ですよね。
折角洗うのだからきれいに仕上げて気持ち良く着たいですよね。

洗濯ネットを活用することで大切な衣類への傷みを防止できるのです!

ひと工夫することで仕上がりも変わり幸せな気分になれます。

どんなものを入れるの?サイズは?ネットへの入れ方は?
と疑問も多い事かと思います。

調べてみましたので是非ご覧いただき、
お役立ていただければと思います!

スポンサードリンク



洗濯ネットを使う意味はあるの?

【メリット】
① 紐付きなど衣類同士が絡まらなくなる

② 他の衣類を傷つけない→ホックのひっかかり防止や、
ボタンやビーズなどの衣類が
他の衣類にひっかかり傷つけることを防ぐ

③ 型崩れ防止→洗濯機の中で勢いよく回るのでしわになり、
型崩れしやすいです。

洗濯ネットを使用することで、衣類が固定されて型崩れが防止できます。

④ ほこり、糸くずなど汚れからガードしてくれる→毛羽立ちが多いタオルや他の衣類

泥や油などひどく付着物がある事で大切な汚れから守ってくれます。

⑤ 色落ち・色移りを防ぐ→色落ちは衣類との摩擦で起こり、
色移りは衣類が混在すことで起こります。

ネットを使用することで衣類との摩擦を減らして、
汚れから守り、色落ちや色移りも防止してくれるのです!

【デメリット】
① 汚れ落ちが悪くなる
② すすぎも悪くなる
③ 洗濯後のシワが増える傾向

状況に応じてネットに入れるモノ入れないモノは適切に
することが大切ですね。

【洗濯ネットに入れるモノ】
① ニットなど型崩れしやすい物
② ビーズ・ボタンなど飾りのある者
③ 紐付きの衣類など絡まりやすい物
④ 生地が薄いブラウス・ストッキングなど
⑤ 濃い色の物

洗濯ネットの正しい使い方!

【ネットの種類】
●サイズ(大・中・小)、網目(細かい・粗い)、形(立体的・平面的)

・目の粗いネット→Tシャツやワンピースなど
しっかりと洗いたいものは目が粗いとおすすめです。

絡まらずに型崩れも防止できます。

・目の細かいネット→色柄物・ビーズなど飾り付き衣類・
黒や紺の衣類も小さなゴミが
付かなくてきれいに仕上がりますよ

・大物用ネット→毛布やタオルケットなど大きなもの

・ハンガー型ネット→衣類を固定して縮や崩れを防止

【ネットへの正しい入れ方や注意点】
・ホックやファスナーは閉めてから入れます

・濃い色の衣類やプリント。刺繍などは裏返して入れます

・衣類の大きさに合ったネットに入れます。

大きすぎる場合はハサミなどで切るか
洗濯ばさみなどで固定して使用してくださいね。
しわが付きやすくなります。

・シミや汚れがひどい物はたたんで外側に向けて入れて下さい
→すぐに落ちそうな汚れは中性洗剤などであらかじめ落としておきましょう。

・傷みやすいデリケートな衣類は目の細かいネットに7割程度の容量で入れましょう

・Yシャツなどは裏返してボタンを2.3箇所とめて、ネットにぴったりと収まるように
入れましょう

【ネットへの正しいたたみ方】
・ワンピースYシャツ→裏返してすべてのボタンを留めて、左右の身ごろ、
袖の順にネットのサイズに合わせてたたみます。

首周りや背中の上部は汚れ、
臭いが付きやすい部分なので袖が重ならないように
たたんで下さい。

・ボトムス→ファスナー、ボタン、ホックを閉じ
ネットのサイズに合わせてじゃばら折りに入れて下さい。

洗剤が衣類の内側にも入りやすくなります。

・スーツのズボン→表にしたまま(裏返すと折り目が乱れてしまうため)
3つ折りか4つ折りに畳み込みます。

 

まとめ

洗濯ネットも色々とあります。

必要あるのかな?と思いがちですが
ご紹介してきた通り、洗濯物を保護しダメージや色落ち、型崩れも防止。

とっても優れたものですよね!

洗う時の予防策としても、干す時、たたむ時も楽になりますし、
長く愛用できるので、しっかりと正しいサイズや正しい洋服をいれて
楽しんで洗濯をしましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す