ランニングの距離と時間ではどっちを目安にしたらいい?ダイエット効果が出るのはどこから?


ジョギングダイエットは、時間も場所もお金もかからない、
手軽に出来るダイエット方法のひとつですよね。

思い立った時にできるので、
その気軽さは長年ダイエットの強い味方になっていると思います。

いまではおしゃれなランウェアなどもあり、
楽しみながらできるのが嬉しいですよね。

そんなランニングですが、ただ走るだけだはなく、
ダイエットをするなら効率よく行って結果を出したいものですよね。

ランニングをするときに気になるのは、
時間が長い方が痩せるのか、距離を長く走ったら痩せるのかだと思います。

今回はランニングダイエットで時間と距離の
どちらを目安にしたら良いかについて見ていきましょう。

スポンサードリンク



ランニングは距離と時間のどっちを目安にしたらいい?

ダイエットで落としたい脂肪の燃焼は、
ランニングなどの有酸素運動で
「20分」以上続けることで始まるようです。

ですので、初心者の方は20〜30分を目安として始めていきましょう。

運動をして痩せるには、
まず体に蓄積されている脂肪を落とす必要があります。

ランニングのような有酸素運動は、
走っているときにこの脂肪を
エネルギーとして燃焼することが出来るので
ダイエット効果が期待出来るのです。

20分以上走ることによって、
糖質ではなくダイエットの敵である脂肪を
燃焼させることが出来るのです。

しかし、この脂肪燃焼というのは、
走ってすぐではなく、
体が暖まってきた約20分後から効果が高まるようです。

もちろん時間は30分、40分と長ければ長い時間を走ると
その分脂肪燃焼はされ続けますので、効果が期待出来ます。

しかし、いきなり20分ランニングをするのは難しいですよね。

そうした方は、時間を分けて走っても大丈夫です。

1回15分を2回行えば、
1回30分走るのと同じ効果が期待出来るようです。

この方法であれば、
忙しいひとでも走るのが苦手な方でも続けられそうですよね。

もちろん長い時間走り続けることで、
脂肪燃焼も持続されダイエット効果が期待出来るのは事実です。

しかし、一般の方で急に1時間走ることは、
怪我や疲労の原因となる可能性がありますので、控えるのが良いでしょう。

ランニングの距離でどこからダイエット効果が出るの?

ランニングで、ダイエットの効果が出るのは、
いくらぐらい走ってからなのでしょうか。

ランニング初心者の方であれば、
まず始めに「3km」から始めるのが良いそうです。

ランニングダイエットで脂肪燃焼が始まるのは
20分後と言われているので、
3kmというのは十分に脂肪燃焼が期待出来る距離なのです。

逆に、いきなり5kmや10kmなど
長い距離を走るのは足を痛めてしまったり、
急激な疲労に襲われてしまうことがあり、
継続が出来なくなりますので控えましょう。

ダイエットに効果的なランニングの距離は走る速度も関係します。

目安として言われているのは、時速8kmほどとなっています。

このペースで走ると40分走ると5kmの効果があります。

もちろんもっと速く走ることが出来る人も居ると思いますが、
まずは20分を目安に3kmを目標にすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ランニングダイエットの距離と時間についてみてきましたが、
参考になりましたでしょうか。

ランニングダイエットは効果がある分、
必ず準備運動が大事になってきます。

継続して走る続けるためには、体をならしておく必要がありますので、
いきなり走るのはやめ、しっかりと準備運動をしてから走り始めましょう。

ダイエットは1日で目標体重まで落とすことはできません。

継続がダイエットの大きな鍵となります。

ランニングは、ラン=走る、
ニング=続けるというように続けることが大事なのです。

からだを壊さないように決して無理はしないよう、
適度に休息を入れ楽しみながら続けていってくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す