寝不足による貧血の症状や対処法!倒れるリスクを減らす方法


電車で立っているとき、道を歩いているとき、
長い時間座っていて、急にくらくらしたり、
目がチカチカしたり、視界が見えにくくなったことはありませんか。

それのめまいや立ちくらみは貧血と呼ばれる症状かもしれません。

貧血とは、血中のヘモグロビンなどの
血液を構成する物などが基準値より下がり、
血液が薄くなり、酸素が不足している状態のことをいいます。

貧血の原因は、様々あります。

生活環境や生活習慣によりますが、
貧血の症状が起きる人の約7割から9割のひとは、
胎内で血液を構成する鉄分が不足しているために起きていると言われています。

血液の中の鉄分が不足する鉄分を主成分とするヘモグロビンが酸素と結合し、
全身に行き渡ることができなくなり、赤血球の生産量が減り、
ヘモグロビンの生産量も同時に減少し、
体内の酸素が足りなくなり、貧血のあの症状に至るのです。

そして実は、この血液の大事な「鉄分」は「睡眠」と深い関わりがあり、
睡眠不足が貧血を引き起こしている原因であるのです。

今回は貧血と睡眠の意外な関係から、対処方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク



寝不足による貧血の対処法!

先ほどお話をしましたが、貧血の原因の7〜9割は、
血液中の鉄分が不足する「鉄欠乏症貧血」の状態です。

この大事な鉄分なのですが、
人間が睡眠を取っている時に、体内で吸収されるのです。

睡眠中の人間の体では、さまざまなものが生成され、吸収されています。

例えば子供の成長に大事なタンパク質や
成長を促すホルモンなどは睡眠中に生産・分泌されます。

睡眠不足になるとこのホルモンの生産・分泌がうまくいかなくなり、
血液の生成がうまくいかずに、
酸素が脳や体内にうまく渡らなくなり、貧血を引き起こしてしまうのです。

また、睡眠時は生産・分泌を行うだけでなく、
体の細胞の修復や回復をさせているのですが、
睡眠不足になるとこの回復がうまくいかず、
体のパフォーマンスが発揮出来ないのです。

そうなることによって、体に負荷がかかり、
脳に酸素や披露が溜まり、脳が限界を感じ
これ以上疲労を溜めないようにするのですが
、これが貧血の時にふらふらするメカニズムなのです。

寝不足による貧血で倒れるリスクを減らす方法

寝不足による貧血を改善・リスク削減するための方法は、
いくつありますのでご紹介しましょう。

まずは、何よりも「質のいい睡眠」をじっくりしっかり取ることです。

この睡眠を確保するためには、生活リズムを整えることが望ましいです。

可能であれば、毎朝毎晩寝る時間と起きる時間を同じようにすることが大切です。

さらに、寝る前はリラックスをしてから寝床にはいるようにしましょう。

激しい運動や興奮した状態は避けましょう。

リラックスするために、好きな音楽を聞いたり、
アロマを炊いたり、お風呂に入ったり、
ストレッチをするなど自分の心が落ち着く行動をとると良いでしょう。

他の対策としては、睡眠環境を整えましょう。

やはりぐっすり眠ることが出来るのは、
明るい部屋より暗い部屋です。

ただ、かすかに明かりがある方が、なお良いとされています。

テレビやラジオなどは極力消してから睡眠に入るようにするとよいです。

また、目を暖めることで体の副交感神経が
リラックスしますので貧血を控えることが出来ます。

ネックウォーマーを首に巻くことで、
肩の凝りや疲労が軽減され、血流がよくなり効果的です。

こめかみにお灸を添えるというのもあります。

こめかみには脳への血流を良くする効果がありますので、
もし機会があれば試してみてください。

刺激するだけでも対処方法となりますので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

まとめ

冷え性と睡眠・貧血の関係性から、
対策についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

毎日の生活をちょっとだけ変えるだけで、
睡眠不足は充分に改善出来ます。

もし今の生活で冷え性も感じ、
貧血がよく起こると感じている方は、
ぜひ今回のポイントを試してみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す