冷え性と便秘の意外な関係とは?漢方や改善方法をご紹介



季節問わず悩んでいる人も多い「冷え性」は
何としても改善したいですよね。

冷え性は、手足の末端が冷たくなる、体調が悪くなる、
体温調整が出来にくくなると言った症状はよく知られ、
耳にしていることかと思います。

実は、冷え性と同じくらい、
悩む人が多い「便秘」と非常に深い関係性があるということは、
ご存知でしょうか?

日本では、便秘に悩む人は約1000万人以上いると言われています。

実は便秘で悩んでいる人は、隠れ冷え性という可能性もあるかもしれません。

冷え性を改善するためには、便秘も解消しなければいけませんし、
逆もしかりというほど、両者は深い関係を持っているのです。

今回はあまり知られていない、
冷え性と便秘の意外な関係性とその改善方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



冷え性による便秘を改善する方法

まずなぜ冷え性が起こるのかについてですが、
一般的には「体調管理機能の低下」と言われています。

体調管理や調整がうまく行かず、
それによって本来あるべき血流をうまくコントロール出来ず、
基礎代謝が下がります。

代謝の機能が低下すると内蔵なども弱まってしまいます。

そうすることで、便を出す機能も下がり、
便などの老廃物や毒素を腸の中に蓄積してしまうのです。

冷え性と便秘の関係性が分かったところで、
では実際どのように改善をしていけばよいのかについて見ていきましょう。

効果的な方法としては、「入浴」や「マッサージ」があります。

冷えている体を芯から温めるのがポイントです。

普段シャワーばかりだと体の汚れは取れますが、
体の芯にある毒素を排出させることは出来ません。

熱すぎるお湯ではなく、若干のぬるま湯で長い時間入ることが効果的です。

読書をしたり、音楽を聞いたり、好きなアロアを炊いたりすると、
副交感神経を安定させることが出来るので、なお効果的です。

さらに一緒にマッサージをすることで、
血行の改善がはかれるので、足から心臓に向かって揉みましょう。

心臓から遠いところから行うことがポイントです。

他には、体を温める食べ物を積極的に取っていくのも良いでしょう。

体を温める代表的な食べ物は、ショウガや唐辛子、
にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜がります。

食べ物以外には、飲み物でも効果的です。

紅茶や緑茶、ショウガ入りのドリンクなどは手頃に手に入るので、
ぜひ試してみてください。

冷え性による便秘に効く漢方

食べ物や飲み物、入浴やマッサージなど、
便秘と冷え性に効く改善法について見てきましたが、
他にも症状解消に効果的なものがあります。

それは「漢方」です。

漢方とは、漢=中国、方=医療方法を指しており、
中国から渡ってきた医療用法のことです。

自然由来の成分を使用しているので、
いろいろな病気や症状に効くとされているものです。

具体的に冷え性や便秘に効くとされる漢方はいくつかあります。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、
人参養栄湯(にんじんようえいとう)、
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、
温経湯(うんけいとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、
当帰薬散(とうきしゃくやくさん)、苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)、
当帰薬散(とうきしゃくやくさん)などいろいろな物があります。

どの漢方も血液や冷えなどに効果があり、便秘と冷え性改善に役立つでしょう。

便秘にもタイプや体の体質に合うものがありますので、
薬局などで処方を受けてから服用することで、
最大限の効果を発揮できるでしょう。

漢方を選ぶ時はぜひ専門の先生に見てもらいましょう。

まとめ

便秘と冷え性の関係性付いてみてきましたが、
いかがでしたでしょうか。

便秘は、体のバロメーターとも言われているので、
もし便秘で悩んでいるかたは、
一緒に冷え性も合併している可能性も考えられるので、
ぜひ今回のポイントを試してみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す