洗濯物のつけおきの時間は一晩でも大丈夫?正しい方法は?


なかなか汚れが落ちない洗濯物、本当に困りますよ….

野球の後や子供の食べこぼしの汚れ、
嫌なニオイ本当なんとかしたいですよね!

そんな時、皆さんつけおき洗いしますよね。

ただし、つけおき時間てどのくらい置くのか
わからない方が多くいるかも思います。

スポンサードリンク



洗濯物のつけおきを一晩するのは大丈夫?

ではつけおきの時間はどのくらいおけば
頑固な汚れは綺麗におちるのでしょうか?

頑固な汚れは一晩つけおき!
と思われる方もいるかもしれませんが
実際は30分〜1時間くらいでOKです。

逆に長くつけおきをしてしまうと、
洋服と色あせやせっかく落ちた汚れが再度洋服についちゃうからです!!

せっかくのお気に入りの洋服をダメにしたくありませんよね!!

なので、つけおきは長くするのではなく適度な時間でやりましょう!

※注意点がありつけおき中に水が汚れた場合は
お水を取り替える事でさらに汚れが綺麗に落ちます

洗濯物のつけおきの正しい方法

つけおき洗いはひどい汚れやニオイなどに効果を発揮してくれます。

まず、つけおきの方法ですが、
洗濯機につけおきコースがある場合はそのままつけおきを選び
スタートボタンを押すだけでOKです。
楽チンですね!

洗濯機につけおきコースがない場合は、
まず用意するものは水をはるたらいの様な物を用意して、
衣類が浸かるほどのお湯(30度から40度)いれ、
その中に洗剤と液体酸素系漂白剤を入れる。

白物の衣類には液体洗剤よりも粉洗剤の方が汚れがよく落ちます。

酸素系漂白剤を入れる事で洗浄力もあがり油物の汚れもよく落ちます。

後は最後に短めに脱水をかけて完了です。

洗濯機にコースがなくたらいでやるのが面倒くさいと言う方に。

まずいつものように洗濯機に洗濯物を入れ電源を入れます。

電源を入れたら「洗い」ボタンを押し洗う時間を約10分程に設定します。

洗剤をいれスタートボタンを押します。

最初の運転から5分程したところで運転を一時停止し
そのまま汚れ具合によりつけおきします。

つけおきしたら運転を再開し最後まで洗えば終了です。

ただし、洗濯機でやる場合は1つ注意点があります。

洗濯槽をこまめに掃除をしてなかったりすると
つけおきの時にカビなどが浮いてきて、
逆に雑菌だらけになってしまう事がありますので
せっかく綺麗になった洗濯物もだいなしになってしまいます!!

洗濯機にコースがなく簡単にやりたい方は是非試してみて下さい。

洗濯機のつけおきの効果は

洗濯機機能つけおきコースは衣類の汚れがひどい場合
やニオイがひどい時にも効果があります。

普段、洗濯で洗っても落とせないもの、子供の泥がついた服、
ワイシャツの首.袖周り、食べこぼしのシミ、
女性であればファンデーションの汚れなど。

なかなか落ちない汚れ、
つけおき洗いにより洗濯機では落とせない汚れをしっかり落とす事が出来ます。

朝の洗濯機で時間がなくバタバタし
つけおき洗いができないかもしれませんが、
お気に入りの洋服をダメにしないためにもいちどチャレンジしてみましょう!

まとめ

今回、つけおき洗いについていくつかご紹介しまた。

つけおき洗いも皆さんのイメージでは
たらいに入れてつけおき洗いのイメージだったかと思いますが
現在の洗濯機はつけおき洗いコースがあり簡単にできます。

ただし、先ほども書きましたが
洗濯機でやる場合は洗濯槽の掃除も忘れずににやりましょう!

洗濯槽が汚いとつけおき洗い以外でも
普段の洗濯物まで洗った後の洗濯物にカビがついちゃいますからね!

洗剤も液体洗剤や粉洗剤、部分洗剤など色々あります。

洗剤と一緒に酸素系漂白剤を使うとさらに除菌され
ニオイや洋服の色あせも防げて一石二鳥です。

つけおき時間をまもり大事なお洋服を汚れから守る為にも是非試して見て下さい。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す