ノロウイルス対策として消毒を家庭でのやり方!効果的なスプレーはこちら



寒い季節になると「ノロウイルス」が発生しやすく、注意が必要になってきます。

でも・・・何をどのように気を付けるのか?

目に見えないモノだけに注意の方法が分からないし、
理解が難しいと感じている人がほとんどではないでしょうか?

まずはどのような感染ルートで対策方法はあるのかなど、
簡単にできる消毒などご紹介してまいります。

是非お役立ていただき、苦しい胃腸炎にならない様、
戦うアイテムを作りましょう!

スポンサードリンク



「ノロウイルス」とは?
感染症胃腸炎と言われ、食中毒の一種です。

11月から3月までの冬がピークとなりますが、
基本的には一年を通じて発生しています。

「ノロウイルス」は非常に感染力が高くて、多種類の遺伝子型が存在するため
毎年流行る型が変わってしまうため対策が難しくなっているのです。

まずは食中毒を防ぎ、感染経路を理解し、適切な対応を実践しましょう!

「感染経路は?」
手指や食品を介して、経口で感染します。

そこから人間の腸管で繁殖してしまいます。

① 人からの感染→感染者の便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染する

② 家庭や職場などで飛沫感染する

③ 感染した人が調理をして汚染した食品を食べた

④ ウイルスの蓄積した、加熱不十分な二枚貝など食べた

「感染してしまうとどんな症状がでるの?」

約24時間から48時間で下痢や、腹痛、微熱などが起こります。

この症状が1から2日間続き、その後落ち着き治癒していきます。

風邪のような症状の人や、子供や高齢の方、
免疫力の低下した方などは
重症化し入院もあるのでとても怖いです。

ノロウイルス対策を家庭でのやり方

「予防法はあるの?」

「ノロウイルス」にはワクチンがないため、
出来る限りの予防をするしかないのです。

どんな予防があるのか、しっかりと理解しておきましょう!

① 「手洗い」をしっかりと!
とくにお食事前、トイレの後、
調理後は石鹸で良く洗って流水で丁寧に流しましょう。
※ウイルスを洗い流す気持ちで行いましょう

② 「人からの感染を防ぐ」
学校や職場など集団行動する場所で
万が一「ノロウイルス」が発生してしまった場合
感染した人の嘔吐物や排泄物からの二次感染や
飛沫感染を予防することが大切です。

使い捨てマスクや手袋・エプロンを必ず使って後片付けしてくださいね。
かなりのウイルスが含まれているので、広げない事が最重要なのです。

③ 「食品からの感染を防ぐ」こと!
・二枚貝など美味しくて食べたいですよね!

必ず中心温度が85度以上で
1分間以上加熱するとウイルスが失活すると言われています。

・調理後のまな板・食器・ふきんなどは熱湯85度以上で1分以上の
加熱消毒が友好的です。

なかなか大変ですがとにかくワクチンがないので
念には念を入れて消毒を
徹底することをお勧めします!!

では消毒と言ってもどのようなものをいつ使うのか気になりますよね!
ご紹介して参りますね

ノロウイルス対策に効果的なスプレーをご紹介

殺菌に効果があるのは「次亜塩素酸ナトリウム」という消毒液です。

難しい名前に聞こえてしまいますよね。

いわゆる、キッチンハイターなどの
塩素系漂白剤に含まれているのです。

こちらを希釈して消毒液を作り、用途別に使用していきます。

【準備するもの】
空の500ミリペットボトル/ボム手袋/水/塩素系漂白剤/
使い捨てマスク・エプロン新聞紙・ビニール袋など

■吐いたものを処理する場合→500ミリに対して(キャップ1杯5cc)10ccの
漂白剤を入れて水と一緒に混ぜます。

・処理の方法ですが、嘔吐物の場合はまず二次感染を防ぐため、
飛沫し感染が広がってしまうため早急に片付けが必要になります。

・新聞紙を用意し、嘔吐物の上にかぶせてウイルスの飛沫を防ぎます。
かたづける本人にも嘔吐物が付かないように、
マスク・エプロン・を身に着けて嘔吐物を外側から
消毒液で拭きとり、ゴミ袋に入れ、使い捨てのマスク・エプロンも一緒に
捨ててください、

さらに希釈した消毒液で床を拭きとり乾燥させてください

■トイレの消毒をする場合→500ミリに対して2cc(キャップ半分以下)の
漂白剤を入れてスプレーの容器に入れれば、
ドアノブから床から色々と用できて便利ですよ。

まとめ

「ノロウイルス」は目に見えないうえに、
効果のある抗ウイルス剤がありません。

そのため学校や職場などで発生してしまうと
感染が広がり大変な事になってしまうのですね

だからこそ、出来る予防や対策を行って備えるしかないのです。

手にはウイルスがいるんだ!と頭に入れながら、
手洗いを実施することが大切ですよ!

菌を洗い流し先ずは自宅に
「持ち込まない」「広げない」を意識してこの冬を乗り切りましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す