赤ちゃんの洗濯物を分ける必要はある?分けるものやいつまでしたらいい?



毎日のお洗濯は、欠かせない家事のひとつですよね。

新米のママやパパにとっては、家事と平行の育児は大変かと思います。

そんなときですが、
赤ちゃんの衣類は一瞬に洗いがちになっていませんでしょうか?

実は、赤ちゃんの衣類は、分けて洗った方がいい理由があったのです。

大人よりも肌が薄く、弱く、
ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感な赤ちゃんの肌だからこそ、
ちょっとした意識した方がよいポイントがあります。

今回はそんな赤ちゃんの衣類について、分けておいた方がいいものと、
いつまで分けるべきなどの疑問について、
解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク



赤ちゃんの洗濯物と分けるものはどれ?

赤ちゃんの衣類で、新品のものは水通しをして
大人用の衣類と分けて洗うことは多いかと思いますが、
他の洗濯物を分けておく理由とは何でしょうか。

それは、「ホルムアルデヒド」という成分が関係しているのです。

ホルムアルデヒドというのは、布の加工や建材、
家具など生活の近くで使われている化学物質のひとつです。

これは、布の縮みを防ぎ、
パリッとしたあのハリを出す効果があります。

新品の洋服の匂いがあるかと思いますが、
実はあの匂いはホルムアルデヒドの効果なんです。

ホルムアルデヒドは、空気や水に溶けにくい性質を持っており、
シックハウス症候群の要因とされています。

症状として、咳、くしゃみ、喉の痛み、目のかゆみ、
涙、鼻水などのアレルギーを引き起こすのですが、
大人より皮膚の薄い赤ちゃんには大変な刺激となります。

このアレルギー反応を起こさないために、
衣類を分ける必要があるのです。

また分けて洗った方がいい洗濯モノとしては、
・汚れが頑固な洗濯物
・新品の衣類
・大人の柔軟剤をはじめて使う衣類
が大きく分けてあります。

頑固な汚れがついた洗濯物については、
洗濯用洗剤の成分によって、ホルムアルデヒド以外にも
赤ちゃんの弱い肌を傷つけてしまう恐れがあるためです。

発疹やアレルギーのもとになってしまうので、
刺激が強くなりそうなときは、避けて洗いましょう。

新品の洋服を洗うときには、
先ほど述べたホルムアルデヒドが染み込んでいますので、
分けて洗った方がよいでしょう。

柔軟剤については、大人の衣類に使うものには、
成分が強いものが含まれていますので、使用する際には、
刺激が弱いものを使うか、手間がかかるときには、
分けて洗ってしまうのがよいでしょう。

いまでは、赤ちゃん用の低刺激や
無添加の柔軟剤や洗剤を各社開発をしており、
ドラッグストアーなどで販売されていますので、
気になるかたは使用してみてもよいかもしれませんね。

赤ちゃんの洗濯物を分けるのはいつまで?

赤ちゃんと大人の衣類を分ける期間としては、
特に明確な期間はありません。

あまり神経質になりすぎてしまうと、
毎回の洗濯が大変になってしまうので、
生後1ヶ月頃を過ぎた頃から
大人の衣類と同じように洗濯をしているママもいるようです。

中には、一歳を迎えてから一緒に洗うママもいるようなので、
ママが気にならなくもういいかなと思った頃で良いと思います。

4歳まで別にしていた、逆にずっと家族と同じく
洗濯をしていたという意見もありましたので、
ママ次第といったところでしょう。

ただ、大人、赤ちゃんの衣類問わずに、
汚れが頑固なときなど、洗剤を多く使うときには、
分けて洗濯をした方が、皮膚が弱い赤ちゃんを守ることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、赤ちゃんの衣類を分けて洗濯するときの時期や
分けて洗うべきものを見てきましたが、
参考になりましたでしょうか?

赤ちゃんの成長に応じて、移行していくのが良いので、
あまり神経質になりすぎないように、
毎日の洗濯があまり負担にならないように、
工夫をして見ていきましょう。

ぜひ今回のポイントを参考にしてみてくださいね!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す