洗濯物のつけおきの効果的な時間は?上手に臭いを取る方法



洗濯物を干し忘れたときや、
梅雨や台風・雨が多い日の生乾きなどでついた、
あのイヤなに匂いを効果的に取ったり、
一回の洗濯で落ちなかった頑固な汚れや皮脂を取る方法として、
つけおき洗いはすごく便利な洗い方ですよね。

ただ、一歩洗い方を間違えてしまうと
、大事な洗濯物を痛めてしまう可能性があり、
いくつかつけおき洗いにはポイントがあります。

今回は、そんなつけおき洗いの
ポイントについてまとめましたので、ぜひご活用ください。

スポンサードリンク



洗濯物の正しいつけおき時間は?

つけおき洗いの正しい時間は、「10~15分」が良いとされています。

使う洗濯用洗剤にも時間は多少前後するかと思いますが、
正しいつけおきの時間は洗剤の裏面に記載されていますので、
つけおきを始めるときには、一旦確認をしましょう。

ただ、長い時間つけおきをしたからといって、
必ずしも汚れや匂いが取れるわけではありません。

効果的な時間というものがありますので、
時間には十分に注意しましょう。

また、軽度の汚れや匂いなどは、
「5~10分」ほどつけるだけでも、
十分に汚れを取れることもありますので、
つけおきをしているときは、様子を見ながらあと10分、
あと30分と伸ばしていくとよいでしょう。

いちばんよくないのは、つけおきをしたことを忘れ、
放置をしてしまったときです。

繊維に洗剤が染み渡り、衣類が傷んでしまいますので、
忘れないようにしていきましょう。

また、上手に効率的に匂いを取る方法としては、
「温かいお湯」と使うことです。

温度が低い水を使ってしまうと、洗剤の威力を十分に発揮できず、
匂いや汚れが落ちにくくなります。

ただ、熱すぎる熱湯などは逆に衣類を
傷つけてしまう恐れがりありますので、注意が必要です。

目安としては、
「60度」前後が良いとされていますので、ぜひ試してみてください。

さらに、ポイントとしては、「使用する洗剤の量」があります。

洗剤は多すぎると繊維に入り込みすぎてしまい、
その分すすぎ残りの原因になり、
悪臭の根本的な要因にもなってしまいます。

また、すすぎの際の水の量も多く必要となり、
水道代がかさんでしまうといったリスクもあります。

逆に少なすぎると、洗浄の威力が弱まりますので、
適量の洗剤を意識しましょう。

正しい洗剤の量は使用する洗剤にもよって異なりますので、
洗剤の裏面を参考にしましょう。

洗濯物を正しいつけおきをして臭いを取る方法

つけおき洗いの際のポイントを見てきましたが、
正しいつけおきを行って匂いを取る方法についても、
もう少し詳しく解説をしていきましょう。

まず、漂白剤の選び方です。

漂白剤には塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の二種類があります。

前者は漂白力が非常に強いので、
匂いや汚れは非常によく取れます。

その分、色落ちの恐れもありますので、注意が必要です。

後者の漂白剤は、前者の塩素系漂白剤よりも
漂白力の威力は弱まりますが、色ものにも使うことができます。

また漂白剤には、液体と粉末の二種類がありますので、
用途によって分けましょう。

液体は短時間で効果が出て、水洗いができる毛や絹にも使えます。

また。部分汚れについては直接塗布することができます。

粉末は、毛や絹には使えないもののつけおきするだけで、
高い効果が得られることが出来ます。

正しい洗剤の選び方が分かったところで、
あとは正しいつけおきの時間と洗剤の量と
お湯の温度を守ってつけおきをしましょう。

ポイントをきちんと押さえて行えば、
しっかりと汚れや匂いは取れますので、
大事な衣類のためにもゆっくりと行っていきましょう。

まとめ

今回は、イヤな匂いを取る正しいつけおきの方法や
ポイントについて見てきましたが、いかがでしょうか。

大事な衣類を守るためにも干し忘れをしてしまったり、
イヤな匂いがついてしまったときには、
今回のポイントをぜひ活用してみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す