夜泣きしない子の特徴は?障害は何かあるの?



夜中に急に赤ちゃんが泣き始めると、
誰もが心配になってしまいます。

夜泣きは、特にこれといって特定の原因がなく、
赤ちゃんが夜中の睡眠時に目を覚まして、
激しく泣くことを指しており、
新米のママやパパにとっての試練のひとつとされています。

一般的に生後半年頃から
1歳半くらいの赤ちゃんに見られる夜泣き。

今回はそんな赤ちゃんの夜泣きについて、見ていきましょう。

スポンサードリンク



夜泣きしない子の特徴とは?

夜泣きが始まる月齢や、その夜泣きが続く期間、時間帯などは、
ほんとうに赤ちゃんによってひとそれぞれです。

中には、ほとんど夜泣きをしませんでした、
なんて赤ちゃんがいるくらい
その頻度や程度も非常に個人差があるものなのです。

では夜泣きをしない赤ちゃんには
何か特徴や共通点のようなものがあるのでしょうか。

布団で寝ている赤ちゃんの方が
ベッドで寝ている赤ちゃんよりも、
夜泣きをしないという話もあります。

これは、ママの安心感をよりそばで感じて、
安心感から夜泣きをしないという理由から来ています。

寝る前にママがそばで添い乳や添い寝をしていることから、
赤ちゃんはママがそばにいてくれると錯覚してしまうのかもしれませんね。

また、赤ちゃんの性格に起因することもあるようです。

生まれた瞬間から、
赤ちゃんはそれぞれの個性を持って生まれてきます。

同じように見えても、みんな顔かたちは違いますし、
仕草も違うのです。

大人でもそうですが、神経質な性格を持つひとは、
とても敏感に物事を感じ取ります。

赤ちゃんも同じで、少しの物音や
環境の変化に気付く性格を持っているのであれば、
日中での刺激が夜泣きに影響をしていると考えられています。

反対に、おおらかな性格の赤ちゃんはその敏感さは、
和らぐので夜泣きが少ないのではないかという話です。

一説には性別も関係があるようです。

男の子よりも女の子の方が泣かないというものです。

これは、女の子の方が脳の発達が、
男の子よりも早いので、その分リアルな夢を見るため、
夜中にびっくりして目を覚ましてしまうというものです。

他には、赤ちゃんの脳がまだ発達段階だからという説です。

赤ちゃんの脳は生まれて間もないので、
大人の睡眠のようにレム睡眠(深い睡眠)と
ノンレム睡眠(浅い睡眠)の繰り返しのバランスがうまく行かず、
上手に眠ることができないため、
そのストレスでなくのではないかという推察です。

この説が現在で最も有力な説のようです。

いろいろな理由を見てきましたが、
冒頭にも解説をしたように、赤ちゃんの夜泣きについては、
明確な理由ははっきりと分かっていないので、
ここに述べた説はあくまでも推測の域を出ないことをお断りしておきます。

夜泣きしない子は何か障害があるの?

夜泣きをしないいろいろな説を見てきましたが、
周りの赤ちゃんが夜泣きをしているのに、
自分の赤ちゃんが夜泣きをしていないと
、何か原因があるのではないかと心配をしてしまいますよね。

中には、夜泣きをしないのは脳の発達が遅れているの?
発達に問題があるの?育て方が良くないの?
何かの病気ではないの?と考えてしまうママさん、パパさんもいるでしょう。

夜泣きをしない=病気、障害と決めつけるのは、
上記に挙げた説でもあるように、断定はできません。

よく心配される障害には、後追いをしない、発語が遅い、
目線が合わない、指差しをしない、一人遊びが多い、
逆手バイバイ、名前を呼んでも振り向かないなどがよく挙げられます。

心配される発達障害や自閉症は先天性の脳の病気なので、
完全に治ることは難しいですが、
早期の療育で症状が改善される可能性もあります。

夜泣きのメカニズム自体がよくわかっていないので、
夜泣きをしない=障害があるかもしれないと決めつけるのは控えましょう。

ママやパパが悩んでばかりいると、
赤ちゃんも心配になってしまうので、
一緒に成長を楽しみながら、夜泣きを乗り越えていけたら良いですね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す