洗濯物を干し忘れた時臭いを取るためのポイント



毎日着る服は、こまめに洗濯をしないと、
気がつくと着る服がなくなっていたり、
せっかく洗濯をしたのに干し忘れて洗濯物が大変なことになっていた…
なんて経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。

今回はそんな洗濯物を干し忘れて
放置してしまった時の対処法について、ご紹介をしていきます。

スポンサードリンク



洗濯物を干し忘れた時の臭いを取る方法

洗濯を干し忘れて、洗濯機の中に放置してしまうと、
気になるのはあのイヤな匂いだと思います。

長い時間洗濯機の中に放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。

これがあのイヤな匂いの原因なのです。

雑菌が繁殖する環境は、湿っていて、
温度が比較的あり、栄養があることです。

栄養とは洗いきれなかった汚れや皮脂のことで、
これが衣類の繊維に残ってしまっているときに、
雑菌のえさとなってしまうのです。

つまり、洗濯機の中に洗濯物を放置してしまうと、
雑菌の天国のような状況になってしまうのです。

もし洗濯物を干し忘れてしまって、
カビ臭い匂いが残ってしまったときは、
酸素系漂白剤で殺菌をし、洗い流すのが一番の方法でしょう。

酸素系漂白剤を使った匂いを取る方法は、
つけ置き洗いのみなので簡単です。

お湯(約40℃〜50℃)で、つけ置き洗いをします。

ここで水を使わないのは、
水よりもお湯の方が匂いを効果的に取れるためです。

ただ、お湯と言っても高すぎる温度は
逆に衣類を痛めてしまうので注意しましょう。

そして30分から最大2時間まで
様子を見ながらつけ置きをしておきます。

色が濃い衣類は、色落ちに注意しましょう。

つけ置きが終わったら、
あとは洗濯機ですすぐと、イヤな匂いも落ちています。

中には重層を使う方法もありますが、
重層は汚れは落ちますが、殺菌効果は薄いようです。

洗濯干し忘れた時やっておきたいポイント

もし万が一、洗濯物を干し忘れてしまっても、
いくつかポイント押さえておけば、ある程度は取り返しがつくことがあります。

まず放置できる時間ですが、夏場は最大1時間、
冬場は最大2時間と覚えておきましょう。

イメージがしやすいかと思いますが、夏場は気温が高く、
雑菌の活動も活発に起きますので、
出来る限り放置する時間は短い方が良いでしょう。

放置したときに一度繁殖した雑菌は、
完全に取りきることは難しいです。

そんなときは、先ほどの酸素系漂白剤での殺菌方法を試してみてください。

さらに、洗濯物を放置したことに気がついた際には、
出来るだけ早く洗濯機から救助してあげましょう。

比較的早く救出することで、衣類のしわが深くならずに済むからです。

他にも「スチームアイロン」を使った簡単な方法もあります。

これは、放置した時間が短かったときの応急処置の方法です。

スチームアイロンは、インターネット通信販売や家電量販店で、
数千円から数万円までの価格帯で売られていますので、
簡単に手に入れることができます。

スチームアイロンで衣類をアイロンがけし、
匂いの気になるところに、直接招集スプレーを吹きかけます。

これはあくまでも応急処置なので、
洗い直す手間や時間がないときにおすすめをします。

スチームアイロンをかけた直後は一時的に匂いが消えますが、
時間が経つとまた臭くなることがほとんでです。

なるべくその日のうちに、洗い直した方が、
大切な衣類に匂いが染み付かずに、守れるでしょう。

これであれば、水道代も節約出来るので、
応急処置としてがよいと思います。

また、そこまで効果は高くないですが、
洗濯が終わったらすぐに
洗濯機のふたを開けるておくのもワンポイントアドバイスです。

閉め切った状態だと、菌が繁殖しやすくなりますので、
空気を入れてあげるのも良いでしょう。
(この方法は洗濯機自体の雑菌の繁殖もやや押さえられるので、試してみてください。)

まとめ

洗濯物を干し忘れてしまったときの
対処法をご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか。

いろいろと対策はありますが、大変な洗濯だからこそ、
できるだけ忘れないで干すことが
一番大変にならない方法なので、意識して取り組んでみましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す