冷え性を改善するための飲み物や食べ物での改善方法



冷え性は、日本の女性の二人に一人は悩んでいると言われる
現代病の一つと言えましょう。

ベッドに入っても手足が冷たすぎて眠れない、
エアコンが聞いた部屋にいると体調が悪くなる、
常に手足の末端が冷たくて辛いという体験をしている方が多いかと思います。

今回は、その冷え性を改善するための飲み物や食べ物について、
ご紹介をしていきたいと思います。

スポンサードリンク



冷え性を改善するための食べ物をご紹介

冷え性改善に良いとされている食べ物は、やはり体を温める効果をもっているものです。

【にんじん】
ビタミンEとビタミンAを多く含む緑黄色野菜の代表です。

ビタミンEには血行促進をすすめる機能があり、
ビタミンAには健康な血液を作る働きがあり、
血行不良の冷え症のときにはぜひ積極的に摂取して欲しい食べ物の一つです。

【ごぼう】
こちらも血行を良くする水溶性の食物繊維を多く含んでいる食べ物です。

イヌリンという利尿作用を助ける成分も入っており、
これは体内の余分な水分を外に出す冷え性に抜群の食材です。

【わかめ】
にんじん同様にビタミンを多く含んでいます。

また、海藻はミネラルを多く含んでおり、ごぼうと同様に利尿作用に期待出来ます。

【しょうが】
有名な体を温める食材のひとつです。

しょうがには、「ジンゲロール」「ショウガオール」と呼ばれる心臓の働きを助け、
血管を広げる成分を持っているので、
血行が良くなり、冷え性対策にふさわしい食材なのです。

他にも、かぼちゃ、にんにく、ニラ、しそ、れんこん、梅、栗、
リンゴ、サクランボ、ぶどうなどにも体を温める働きを
助ける成分が多く含まれていますので、
バランス良く食事に取り入れてみてください。

【レモンティー】
レモンには新陳代謝を助ける働きがありますので、
ぜひスライスしたレモンを添えて飲んでみてください。

【シナモンティー】
シナモンは世界で最も古くから知られているスパイスとされ、
スパイスの王様とも言われています。

漢方や生薬としても用いられ、その栄養素は豊富です。

ミネラルの一種のカリウムや、代謝を助けるビタミンB1、
血液を作る鉄や亜鉛をたくさん含んでいますので、
冷え性には打ってつけの飲み物を言えましょう。

冷え性の改善方法?頑固な冷えを解消しよう

冷え性の原因は、生活習慣からくる「体温調整の機能の低下」です。

24時間人間の体を監視している自律神経のうち、
体温調整を司る「交換神経」のバランスの乱れによって、
冷え性が引き起こされます。

自室神経のバランスが乱れると、寒さを感じたときに
、血管を縮めて体温を逃がさないようにしたり
、鳥肌を作って毛穴からの体温が逃げるのを防いだりすることが鈍くなり、
血液の循環が悪くなってしまいます。

その自律神経のバランスを保つためには、生活習慣の改善が必要です。

現代では適度な運動、ストレッチが不足しており、
筋肉力低下で体を温める力が根本的に弱っているようです。

1日10分でもよいので、体全身を動かし、
血行や筋肉に刺激を与えてください。

また、バランスのとれた食事も心がけましょう。

好きな物ばかり食べてしまったり、
行き過ぎたダイエットをしてしまうと栄養が偏ってしまい、
熱を作るエネルギーがなくなってしまいます。

先ほど上げた食材を意識して、
バランスの取れた食事をするようにしましょう。

また、肌の露出が多い服、キツすぎて
血液の流れを圧迫してしまうような服装も避けましょう。

血液の流れを考え、ゆったりとして
体を温めるような素材の服を選ぶようにしましょう。

さらに、喫煙をしている方は、
冷え性の原因になっていることも覚えておきましょう。

タバコを吸うことで、血管が急激に収縮してしまい、
血行が悪くなり、新陳代謝も落ちてしまいます。

タバコも極力控えると冷え性回復に効果的なのです。

まとめ

いろいろと改善策を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

ただ、冷え性はどれかひとつが原因という訳ではなく、
いろいろな原因が絡み合っているものなので、
全体的な改善を心がけ、
バランスの良い生活をすることを意識すると良いでしょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す