ノロウイルス対策グッズ!病院やトイレから感染しないようにするには?



◆ノロウイルスとは◆

皆さん、ノロウイルスは聞いたことありますよね。

毎年秋から冬場にかけてノロウイルスが流行します。

ノロウイルスが原因で激しい嘔吐、下痢の症状になり
感染力が非常に強いウイルスです。

感染者の嘔吐物や便には大量のウイルスが含まれています。

小さい子供やお年寄りなどかかりやすく集団感染をしやすい為、
集団生活をしている施設、学校などでは気をつけなければなりません。

スポンサードリンク



ではどの様にしたらノロウイルスに感染するのでしょうか!!

①貝類で2枚貝を生もしくは十分に加熱調理をししないで食べ感染

②家庭内で感染者を看病による感染

③嘔吐物や便など汚れた物(トイレや衣類)に触り口からウイルスを体内に入り込んで感染

④感染者の嘔吐物が飛び散り吸い込んで感染

⑤カーペットや布団など吐いた嘔吐物の処理が不十分で乾燥し
歩行などで空気中に舞い上がりウイルスを吸い込んで感染

この様な原因によりノロウイルスに感染します。
私自身も昨年、子供が感染し移り大変な目に合いました…

感染力の強いノロウイルスですが感染の潜伏期間は12〜48時間で
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。

これらの症状1〜2日続いた後自然に治ります。

ただし、症状が治ったからとはいえ1週間から長い場合1ヶ月は
便にウイルスが混入している可能性があるため要注意です。

ノロウイルス対策!病院で院内感染を防止する方法

ノロウイルスウイルスの感染時期は
先程かきましたが秋から冬にかけて広まります。

ノロウイルス以外でも風邪などで病院に行く機会が増え
ノロウイルスに感染する可能性もあります!

感染しないためにも予防をしっかりしましょう!

・手をしっかり洗う

外出先から帰ったら必ず手を洗いましょう!
ただ手を洗うのではなく石鹸を使いしっかりと
洗い洗う順番がありますので順番通り洗い予防しましょう。

◆手を洗う順番◆

① 流水でしっかりと手や手首の表面の汚れや付着物を落とす。
② 石鹸をよく泡立ててから手全体につける。
③ 手のひらや手の甲、指の間を両手を組み合わせるようにしてもみ洗いする。
④ 親指を反対の手で包んで洗う。
⑤ 指先で手のひらのシワの間までしっかりともみ洗いする。
⑥ 手首を反対の手でつかんでもみ洗いする。
⑦ 爪ブラシなどを使って爪の間も洗う。
⑧ 流水でよくすすぐ。
⑨ ペーパータオルを使って水分を取る。

この順番で洗う事によりノロウイルスの感染を防ぐことができます。

・うがいをする

手洗い同様うがいも外出から帰ってきたら忘れずにやりましょう!

・手に触れる物は消毒をする

特に赤ちゃんの口コミに触れる物は消毒をしましょう!

赤ちゃんはなんでも口にするため、
赤ちゃんのおもちゃなど手に取る物は消毒を徹底しましょう!

ノロウイルス対策としてトイレから予防するには?

感染拡大しやすいトイレは日頃のから清潔に保ちましょう。

消毒液などを使い、除菌や消毒を徹底しましょう。

・トイレをした後にウイルスが飛び散らない様に流す前にふたをしめてから流す。

・トイレの便座、ドアノブ、手すり、蛇口などを
消毒液などを使いしっかりキッチンペーパーなどでふく

・便器以外の床もしっかりふく

※処理をする場合はビニールの手袋をつけ
キッチンペーパーがなく布で拭いた場合は直ぐに捨てましょう※

まとめ

感染が疑われる場合は直ぐに、病院に行きましょう!

保育園や学校や高齢者の施設などでは感染を拡大しない消毒などを徹底し
感染経路を調べ速やかに最寄りの保健所に連絡しましょう。

なるべく、感染を拡大しないためにも速やかに対応する事にこころがけましよ!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す