雪が溶ける気温は?何日かかる?時間はどれくらいかかる?



もうすぐ雪が降る季節ですね。

毎年雪が降ると路面も凍結し
車のスリップ事故や足元が滑り怪我などをし大変ですよね。

寒いいや〜な季節が到来です!!

では、ここでは路面が凍結してから雪解けまでの事を紹介しましょう!!

スポンサードリンク



雪が溶ける気温は

雪が降り路面もツルツル!!

皆さん誰もが思うのがいつになったら
雪が溶けるのかだと思います。

実際に雪が溶ける気温は何度なのでしょうか?

なんと、雪は「気温」で溶けるのではなく「日光」で溶けるのです。

ちなみに、気温が−5℃でも日差しが強ければ溶けますし、
逆に+2℃でも夜など日差しがないので
日中よりも気温がたかくても溶けません!!

気温が0℃以上でも、空気が動かなければ
雪と接触している部分は気温がほぼ0℃になるため雪は溶けないのです!!

もし、気温で雪を溶かすのであればそこに風など吹かない限り溶けません!!

皆さん以外にも知らない気温で溶けるのではなく太陽光で雪は溶けるのです。

以外ですよ!
なんと日光でとけるとは!

雪が溶けるまで何日かかるの?

では、実際に雪解けは何日かかるのでしょうか?

皆さん、よく目にしたことがあるかと思います。

なかなか溶けない雪、
雪かきの後の路肩に山のように溶けずに残っているものなど!
見たことがあるかと思います。

見てもわかるように雪は白いです。

白は太陽光の熱を吸収しにくいため残ります。

天候や地域降る雪の量にもよりますが
大体雪解けまでの日数は1週間前後ではないでしょうか!

雪国の地域ではもう少し時間がかかるかもしれません。

雪が溶ける時間はどれくらい?

雪が溶ける時間ですが実際はよくわかりません。

先程も書きましたが、雪が溶けるのは
天気が良い日で日差しが強い日でなければ溶けません。

大雪で30㎝以上積雪の場合など日向の場所でも
完全に溶けるまでは1週間以上かかる場合もあります。

更に、うっすらと降った雪は1時間もしないうちに溶けてしまいますよね!

後は、季節にもよるかもしれません。
真冬時期に降る雪と春先に降る雪でも溶け方は違いもあります。

ですので、明確には何時間で溶けるかは天候に左右されます。

もし、雪を早く短時間で溶かしたいのであれば次の方法があります!!

雪や凍結した道路に塩をまく

皆さん、雪や氷に塩をまくと溶けてしまうことはご存知でしょうか?

雪が多く降った時などこの方法で塩をまくと溶けやすくなります。

更に、雪を溶かしただけではなく
まいた後の道路を凍らせない効果もあります!!

なんと、塩はなんとお料理以外でも使え一石二鳥ですね!

土や灰をまく

土や灰をくだいてまく方法も効果があり融雪剤代わりにもなります。

土や灰をまくことでまいた部分が黒くなる事により
太陽光を浴びる事により溶けやすくなります。

これも太陽光を利用するため、太陽がない夜にはあまり効果はありません。

ちなみに皆さん早く溶かしたい場合お湯をかければ一番早いじゃないの!!
とよくお湯をかけちゃいますよね!!

でも、お湯は有効的ではありません。

何故かと言うと、お湯も結構使いますし
その上溶けた雪が氷になりアイスバーンになる可能性があるからです。

なるべく、お湯はさけた方が良いでしょう。

せっかく溶けた雪が氷ツルツルですべり転んで怪我をしたら大変です。

もし、道路を早く雪を溶かしたい場合は是非出してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

雪解けには気温や天気が大きく影響されます。

意外にも知られていない気温で溶けるのではなく
日差しが強い日であれば雪はとけます。

これからの寒い冬の時期になり雪の降る回数も多くなります。

くれぐれも、足を滑らせ怪我などをしないようお過ごし下さい。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す