洗濯物の簡単なたたみ方!早い方法で時短術



洗濯物を綺麗に手早くたたむメリットは多いですね。
・収納が楽になる。
・洋服がシワにならない。
・洋服の出し入れが楽。
・洗濯物をたたむのが苦にならなくなる。
・時間短縮が出来て楽である。など

洗濯物をたたむ作業は、
ちょっとしたコツを掴む事でかなり楽になります。
効率的な方法で家事に掛ける時間を短縮しましょう。

スポンサードリンク



洗濯物たたみの知って得する時短術

洗濯物をたたむ順番を考えてみましょう。

基本的には好きな順序で構わないのですが、
同じ種類ごとにたたむ事が出来ればより効率的ですよね? 

それを意識して洗濯物を取り込む段階から考えます。

例えばタオル→シャツ→下着というふうに
同じ種類ごとに取り込めば、
たたむ時もカテゴリーごとに処理出来ます。

そうすればタンスに収納する際にも
効率よく時間短縮が出来ますね。

たたんだ衣類を綺麗にしまうコツは三つあります。

・たたみ方を統一しましょう。
気分によって洋服のたたみ方を変えたりせず、
同じたたみ方で統一してしまいましょう。

そうでないと収納スペースに無駄な空間が出来たり
見た目も統一感がなくだらしなく見えてしまいます。

・カテゴリーごとに収納しましょう。
限りあるタンス内の空間や他の収納スペースをより有効に使用する為に
カテゴリーごとに収納する習慣をつけましょう。

見た目も綺麗でスッキリしますよ。

また、ちょっとした工夫ですが、
百均ショップなどで購入出来る小さなカゴや
仕切り板なども上手に活用する事です。

例えば靴下や下着の間に仕切り板を入れて
混ざらないようにするとか
他の小物類はカゴにまとめて収納してしまうとかです。

・色ごとに並べていく
これはちょっと上級者のワザと言えるものですが、
洋服は色ごとにしまっておくと見た目も綺麗に収納出来ます。

もちろん見た目だけでなく
着たい服を選ぶ時も色ごとに分けていると決めやすいと思います。

ちなみに色の順番はレインボーカラーを念頭に置いてください。

色鉛筆の並びのように、
明るい色から暗い色へグラデーションを
意識して並べれば良いと思います。

洗濯物の簡単なたたみ方!楽で早い方法

Tシャツのたたみ方
・ まず最初に大きくTシャツを広げてから、
引っ張り上げる場所を確認します。
引っ張り上げるポイントは3か所だけです。

・ Tシャツを横に1/2にしたラインと
縦に1/3にしたラインの交差する部分をポイント「A」。

Tシャツを縦に1/3にした時のラインと交わる肩の部分をポイント「B」。

Tシャツを1/3にした時のラインと交差する裾の部分をポイント「C」とします。

・ まず左手でポイントAを摘み、右手でポイントBを摘みます。
そして右手でBを摘んだままAの上を通ってCを摘みます。

・ 3つのポイントを摘むと腕がクロスした状態になります。
これを戻しながら持ち上げます。
最後に余った部分を折りたたんで完了です。

慣れればたった数秒で出来るワザですが、練習が必要ですね。

長袖のたたみ方
・ 長袖を持って広げて、たたみたい幅を決めます。

・ 幅が決まったら、その幅を境界にして内側に折りたたみます。
折りたたむ際には袖を何度も折りたたんで
中に入れ込むようにしましょう。

・ 一方の袖が終わったら、もう一方の袖も折りたたむのですが、
この時に気を付けたいのが、
少し斜め下にずらして袖をたたむ事です。

そうすれば袖が重ならずに薄くたためます。

・ 最後に中央部分を横に折りたたみます。

袖が出ないようにしましょう。

長袖をたたむポイントは、
衣類の表面を自分に向けてたたむ事です。

そうすれば袖を後ろ側にして折りたためます。

ズボンのたたみ方
・ まずはズボンを広げて縦方向に半分に折ります。

・ 次にウエスト部分を中心まで折ります。
1/3を折って1/3が残っている状態です。

・ 最後は裾をウエスト部分に差し入れて完成です。
裾をウエスト部分に差し込むので、簡単にはずれません。

スカートのたたみ方
・ まずスカートの表を下にして、
幅1/3を決め内側に折りたたみます。

反対側の幅1/3も同様に折りたたみます。

最後は、縦1/2を折りたためば終了。裏返して完了です。

まとめ

洗濯物をたたむ際のコツをお伝えしましたが、
参考になりましたでしょうか?

綺麗にたためば、
シワにもならずタンスの中も
スッキリして気持ちいいですよ。

是非、普段の生活に活用してみてくださいね!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す