節分の遊びで1歳児や保育園児が楽しめるものは?高齢者にはどんなのがいい?



1歳児に節分の遊びをさせるなら、鬼のお面制作などが良いと思います。

お面制作のねらいは「色々な素材に触れて表現することを楽しませる」
「節分に興味を持たせる」のふたつです。

スポンサードリンク



実際にさせる内容としては、
・クレヨンを使ってなぐり描きをする楽しさを感じさせる。
・クレヨンで描いたところが形になる面白さに気付かせる。
・シール貼りを楽しませる。
・目、口、鼻などの顔のつくりに興味を抱かせる。
・節分にちなんだ話を聞き、絵本や紙芝居などを楽しませる。

鬼のお面が出来たら、
広いスペースで鬼のお面をかぶって
追いかけっこをして遊ぶ時間を設け、
作ったもので遊ぶ楽しさを経験できるようにする事も大切です。

節分の遊びで保育園で楽しめるものをご紹介

「おにおにじゃんけんボーリング」

1)おまめ役(1人)とおに役(何人でもOK)に分かれる。

2)おに役はボーリングのピンのように並ぶ。

3)おまめ役とおに役がじゃんけんをする。
おに役が勝った時・・・・おに役はそのまま立つ
あいこの時・・・・・・・おに役はそのまま立つ
おに役が負けた時・・・・おまめ役が豆まきの真似をしておに役を倒す。

4)2~3を繰り返す。

5)おに役を全員倒せたら、おまめ役の勝ち!

(ポイント)おに役は鬼のお面を付けたり、
アフロのかつらを付けたり雰囲気を出せば
更に盛り上がるでしょう。

多少、年齢差があっても問題ありません。

「紙皿で作る鬼のお面」

(材料)紙皿、毛糸、厚紙、折り紙、輪ゴム

(使うもの)はさみ、ボンド、のり、穴あけパンチ、クレヨン、鉛筆

(作り方)

1)紙皿を顔に当てて、裏面部分に目や鼻の下書きをします。
下書きした上に全体を覆うように折り紙をのりで貼ります。
折り紙を貼っても下書きは薄く見えるので大丈夫です。
厚紙で角(つの)を作りセロハンテープで貼り合わせます。

2)ペンや折り紙を使って鬼の顔と耳を作り目の部分に穴をあけます。

3)毛糸をくしゃくしゃにして、
鬼の髪の毛を用意したら頭の部分にボンドで接着します。
今度は耳の部分に穴あけパンチで
それぞれ一か所づつ穴を開けます。

4)穴を開けた部分に輪ゴムをつけたら出来上がりです。

折り紙や毛糸の色を変えたり、
目の大きさや角(つの)の形も変えられるので
子供たちに自由に考えて作ってもらいましょう。

節分の遊びで高齢者が楽しめるものをご紹介

高齢者用に節分の日に出来て簡単で盛り上がるリクリエーションを紹介します。
あらかじめ参加者を何チームかに分けておきます。

・新聞紙をくしゃくしゃに丸めてボールを作ります。
そのボールを少し離れたお面に向かって投げて当てる遊びです。

・お面は鬼と福の二種類を作ります。
数は任意ですが、多い方が面白いでしょう。

・お面の裏に点数を適当に書いておきます。
鬼のお面にはプラス○点、福のお面にはマイナス○点とか。

・参加者の方に例えば5個のボールを渡して、
お面に向けて投げてもらいます。
お面と投げる人の距離は1.5m位が最良でしょうか。

・あと、お面の大きさは余り小さいと当たらないので、少し大きめにします。

・みんなが投げ終わったら得点を集計して
一番得点が多かったチームが優勝です。

単純ですが非常に盛り上がる遊びだと思いますよ。

それから鬼の仮想大会も大変人気のあるネタだと思います。

節分と言えば「鬼」を連想しますが、
スタッフの方が鬼の扮装をして
先ほどの紙のボールを投げて鬼に当てるのも楽しいですね。
大いに盛り上がるでしょう。

その仮装の際に是非取り入れて欲しいのが、「アフロヘア―」です。

高齢者の方がよくご存じの「ドリフの鬼」をイメージして
仮装すると爆笑間違いなしですね。

最近は色とりどりで光るアフロヘアーのかつらなどもあるので、
出来るだけ目立つ派手なかつらで仮装すれば、
大いに喝采を受けることになるでしょう。

そこはスタッフの皆さんの演技力にも期待しましょう。

節分は高齢者の方々にとって、
非常に馴染のある行事だと思います。

前もってしっかり準備した上で、
皆で楽しい時間を共有して頂ければと思います。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す