洗濯物の干し方を時短するコツ!室内の場合の注意点


あなたは洗濯物を干す時はどこに干していますか? 

洗濯物はやはり外に干したいという方もいらっしゃいますし、
部屋干しがいいという人もいます。

最近では何故か部屋干しする方が増えてきているような気がします。

例えば花粉症の人が、洗濯物に花粉が付着したら困る!
とか夫婦共稼ぎのご夫婦の場合は帰宅が遅くて、
外干ししても洗濯物が取り入れられないなど
その理由は様々です。

今回は室内干しの注意点やコツ、
更には洗濯物を干す際の時短のコツなど
あなたにとってお得な情報をお伝えしていきますのでご期待ください!

スポンサードリンク



洗濯物を時短するための干し方のコツ

洗濯する行為を時短するって? 
どうやれば早くなる? 
無理でしょ?

いいえ、それぞれのプロセスを見直せば、
充分時短が出来るんですよ!
まず洗濯の各プロセスから時短のヒントを見つけましょう。

(洗濯物の仕分けの時短)
洗濯物の仕分けにも時間が掛かるので、
服を脱いだ後に「手洗いの必要なもの」
「汚れのひどいもの」「色落ちの心配のあるもの」などに分けて
カゴに入れるよう家族に協力を依頼します。

これだけでも仕分けの時間がかなり節約出来ます。

(洗濯の時短)
これはマンションなど集合住宅では、
騒音の問題などで苦情が出て難しいかも知れませんが、
大丈夫なご家庭については考えても良いアイデアだと思います。

もし可能であれば、朝起きる時間に合わせて
洗濯が終わるように前の夜にタイマーをセットしておきます。

寝る前に洗濯物と洗剤を洗
濯機に入れるだけですから楽ちんですよね!

(風呂の残り湯を利用して時短)
既に実行されているご家庭も多いかも知れませんが、
風呂上がりに風呂の残り湯を利用して洗濯してしまいます。

温水なので落ちにくい皮脂汚れなどにも
効果がありますし節水にもなります。

(洗濯物を干す際の時短)
洗濯機から物干し場へは一回で洗濯物を運んでしまいましょう。

もちろん、大きな洗濯カゴかバケツを使用して時短します。

要は何往復もしないということですね。

(タコ足に干すものを時短)
タコ足に干せるものは全部、一度腕に通してしまいます。

両手を使っても構いません。

通し終えたら、一気にタコ足に干し始めます。
凄い時短になりますよ。

(洗濯ネットを活用して時短)
洗濯物が絡まったり、靴下の片方が行方不明になったりとか、
そんな些細な面倒をなくす為にネットを使って
種類別に分けて入れて洗濯すれば
干す際にも作業しやすいですし時短につながります。

(干す時の姿勢をなるべく変えないようにする)
どういう事かと言うと、
洗濯物をかがんで取って立って干すの繰り返しを
極力なくすと言う事です。

例えば物干し竿の端に
洗濯カゴをぶら下げて作業したら楽になりませんか?

洗濯物を室内でする時の注意点

室内干しするのであれば、洗面所や浴室がおすすめです。

それは換気設備が付いている事や突っ張り棒も設置しやすい事です。

更に他の部屋と比べて狭いので除湿も短時間で行えるでしょう。

リビングルームで室内干しされる方も多いと思いますが、
湿度が上がってダニの発生が
二倍以上になるとの実験結果もあります。

ちなみに脱水した洗濯物5kgを干すと
約3リットルもの水分が水蒸気になって放出されるのですから!

その場合、充分に除湿や換気をしないと
水分が部屋にこもってしまって
カビ発生の原因にもなりかねませんよ。

リビングルームのカーテンレールが
干すのに便利だからと干していませんか?
それはNGです。理由はふたつあります。

まず単純に、カーテンレールが洗濯物の重みで
変形してしまう恐れがあります。

もうひとつは、
カーテンレールやカーテンは意外と汚れています。

カーテンって洗った事ありますか? 

特にペットを室内で飼っているような場合は
余計に汚れていると思って下さい。

せっかく綺麗に洗濯したのにカーテンに触れて汚れてしまいますよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す