水道管凍結防止カバーで対策しておこう!溶かし方はこちら


寒さが冷え込む秋から冬の季節、
春まで暖か気温が待ち遠しいですよね。

冬はどんなに着込んでも寒さは和らがなく
暖房対策に気が抜けませんね。

そんな寒さが増す時期に、家に帰ったとき、
水道から水が出ない、お風呂からお湯が出ない、
トイレの水が流れない、ましてや水道管から水が漏れているなんて
経験をした方もいると思います。

水道管は凍ってからでは対処が遅く、
再開まで時間を要することがあり、
時には家具などの破損や浸水など水道管破裂による水漏れで
高額な請求がくる可能性もゼロではありません。

今回はそんな水道管が凍結しそうなときの
対策方法についてご紹介をしていきます。

スポンサードリンク



これで大丈夫!水道管凍結防止対策

水道管は対策を十分にすると、そこまで厄介なものではありません。

まず、水道管が凍る原因を解説しますと、
「体積の膨張」のためとなります。

ペットボトルに水や飲み物を入れて、
冷凍庫で冷やして取り出してみたらぱんぱんになっていた、
という経験をした方もいると思います。

水分というものは凍るとその体積が増し、
水道管という限られたスペースの中
で気温が下がると起こってしまう物なのです。

一般的に水分が凍る気温は0℃からとされていますので、
天気予報などで確認をして怪しい日には対策と注意が必要です。

では、具体的な水道管の凍結防止方法を見ていきましょう。

【水道管の水抜きをする】
水道管の中は常に水に満たされています。

水道管に水があるので凍結が起きるので、
そもそもの要因をなくしてしまえば良いので、
この方法は最も効果的です。

【水道管の露出している部分をカバーしておく】
水道管の露出しているところや日陰で気温が低く
凍結しやすそうなところをカバーするのも効果的な対策の一つです。

ホームセンターなどで販売されている
発泡スチロールの筒状のカバーや布で直接巻くのがおすすめです。

発泡スチロールは保温性が期待できますし、
ホームセンターでいろいろな形状物
が売られていますので合ったものを使用しましょう。

【水を少しずつ流し続けておく】
意外かと思われるかと思いますが、
実は効果的な方法のひとつです。

水が流れた「動き続けた」状態であれば、
凍りにくいとされているので、
蛇口を少しひねり就寝前などに水を少量流し続けておくことで、
凍結を予防することが出来ます。

ただ、水道代がかかりますので、注意が必要です。

【暖房をたく】
ミニヒーターや温風ヒーターなどで
常に気温を高くさせておくことも水道管凍結予防の一つです。

効果的な方法ですが、電気代がかかりますので、注意が必要です。

水道管凍結した時の溶かし方

水道管凍結の防止方法を見てきましたが、
では実際凍結してしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。

水道管や蛇口がすでに凍結してしまったときには、
蛇口を開封の状態にしたままで、タオルなどのを被せて、
そのタオルの上から「ゆっくりと」お湯をかけてみてください。

このときタオルをかぶせるのは、
タオルに染み込んだお湯の熱を利用するためです。

さらに、蛇口だけではなく、
部屋全体を温めていくのもポイントのひとつです。

また、ドライヤーを使用するもの効果的です。

このとき、蛇口を閉めたままにすると蛇口のパッキンが破損する恐れがあり、
熱湯を勢い良くかけることで、
蛇口に刺激が伝わり水道管の破損やひび割れなど
状況が悪化する恐れがありますので,ご注意ください。

それでも水道管凍結が解消されない時には、
迷わず工事業者を呼びましょう。

下手に手を加えることで事態が悪化してしまうこともあり、
請求が高くなる可能性もありますので、冷静に対処してきましょう。

まとめ

水道管凍結についてのポイントを見てきましたが、
いかがでしたでしょうか。

水道管凍結は、対策の次第で充分に防げるものです。

もし万が一凍結してしまった時には
落ち着いて対処すれば解決しますので、
是非今回のポイントを参考にしてみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す