洗濯して雨に降られたら雨よけとしてベランダでしておきたいことや早い乾かし方は?


洗濯は、生活における必ず必要な家事仕事で
出来る限り楽に行っていきたいですよね。

雨が続く日や台風が到来する日、
梅雨の時期なども洗濯しなければならないこともあるでしょう。

貴重な時間を使って洗濯を干し、
外出中に急に雨が降ってきたり、朝洗濯をしたけれど、
天気予報を見忘れてせっかく干した洗濯物が
雨に濡れて台無しになった経験をお持ちの方も居ると思います。

今回は、洗濯をして雨に降られてしまったときの
ポイントについてご紹介しましょう。

スポンサードリンク



洗濯物の雨よけのためにベランダでしておきたいことは?

室内乾燥機が付いている家や室内に洗濯物を干すスペースがある方は、
洗濯物が雨に濡れる心配はないでしょう。

ただ、たまには、布団や毛布、
カーペットなどを天日干ししたい時もあると思います。

そのときはベランダを利用することが多いと思います。

そんなベランダで洗濯物を干していときに、
雨が降った時には、どうすればよいのでしょうか。

ベランダで洗濯物を干すときに、
一番避けなければならないのは、侵入してくる雨です。

これに対してベランダ専用の雨よけ(カバー)を
使用するのが対策のひとつです。

インターネットの通信販売で、
比較的手頃な価格で販売されていますので、
入手には困らないと思います。
(数千円から数万円まで幅広く商品が販売されています)

物干竿にそのまま装着する物や、
雨よけカバー単体で独立する物などいろいろなパターンがありますので、
ご自分の生活スタイルに合わせていただければと思います。

大半の商品がメッシュ生地で作られていますので、
撥水加工が施されており、
雨のみならずホコリなどからも同時に守ることが出来ます。

しかし、雨の日は洗濯物の乾きに大敵の湿度が100%か
それに近い状態と言われているので、
いつも通りに乾きの時間は期待出来なそうなので、
急ぐ時には注意が必要です。

洗濯物を雨の日でも早い乾かし方は?

雨の日でも晴れた日のように、
早く乾いた洗濯物が欲しい時もあるかと思います。

そんなときは、浴室で干すのもひとつの対策です。

浴室乾燥機がついていない浴室でも、
風邪の通り道を作ればよいので、
換気扇をずっとつけたままにするだけでも意外と思ったより早く乾くようです。

部屋やリビングで干すことも可能ではありますが、
やはり湿度が高いので、浴室よりは乾きにくくなっています。

浴室でも、洗濯物に風を当て、
適宜換気を行い洗濯物の湿度を外に逃がすことで
洗濯物が早く乾くようになります。

また、室内で干す場合には、エアコンも大活躍です。

エアコンの暖房機能とドライ機能が
洗濯の乾きを助長する効果が期待出来るのです。

エアコンの使用が難しい方は、除湿器や扇風機、
換気扇なども効果的なのでぜひ使ってみてください。

また雨の日の洗濯で早く乾かすには他にもポイントがあります。
それは干す時の一工夫です。

まず洗濯をしたときに、普段よりも脱水の時間を多くします。

目安としては約1〜2分ほどでも充分に効果がでます。
(痛みやすい衣類を扱うときにはご注意ください)

さらに洗濯物を干す時には衣類同士の間隔をいつもより広めにとります。

理由としては、風の通り道を作るためです。

びっしりと衣類同士が触れ合った状態では、
衣類に染み込んだ水分が蒸発する未下道がないので、
可能であればできるかぎり間隔を開けて干していきましょう。

合わせて、水分は気体よりも重いので、
もし干す時には洗濯物をただ下にぶら下げるだけではなく、
裾も一緒に上に上げて干すことで
衣類全体の水分が均一に蒸発しますので、
衣類がすぐ乾くようになります。

細かい工夫になりますが、下に新聞紙を敷くことで、
除湿効果も期待できますので、ぜひお試しください。

まとめ

今回は雨の日の洗濯物の干し方についてご紹介をしてきましたが、
いかがでしたでしょうか。

どんよりした天気の雨ですが、
洗濯物はさっぱりといつものように
気持ちよく着ていけるようにぜひ参考にしてみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す