低気圧による眠気や吐き気や関節痛への対策法


雨や台風などで低気圧が近づくと

眠気・吐き気・関節痛など体調が悪くなったりしますね。

 

 

低気圧になるたびに

体調が悪くなると大変なので、

これらに関する対策法をご紹介します。

スポンサードリンク



 

 

なぜ低気圧だと眠気など出て体調が悪くなるのか?

低気圧になると空気が軽くなり上昇気流が発生します。

そうなると平地の酸素が薄くなり

眠気や吐き気が出てきます。

 

 

眠気や吐き気があるときどんな対策をすればいいか?

こういう場合、まずリラックスできる環境を作ることが大事です。

例えば部屋を暗くし横になったり、

音楽を聴くこともリラックス効果があります。

 

 

このとき聴く音楽はモーツァルトがオススメです。

モーツァルトの曲は

リラックス効果があるアルファ波がでており、

精神的に癒されますので、

CDを持っておくと便利ですよ。

 

 

低気圧だと酸素が薄いので、

深呼吸をしてゆっくりとした息遣いをすることも

眠気や吐き気に効果的です。

 

 

 

また、低気圧だと血行が悪くなり関節痛が出やすくなります。

こんなときはどんな対策をすればいいのでしょうか?

 

原因となっているのは血行不良のためなので、

血流をよくしてやると痛みも改善されます。

 

血流を良くするには運動がお勧めです。

散歩をしたりだとか、ジョギングなんかをすると

血流がよくなりたまっていた疲労物質が流れやすくなります。

 

なお痛みが強くて運動ができない場合は、

無理はしないでください。

 

無理をして無理やり運動してしまうと、

余計に痛みが出ますので、

こんなときはお風呂に入ったり、

マッサージをしたりして血流を良くして下さい。

 

 

普段から運動体操ストレッチなどをして

血流を良くしておくと眠気や吐き気や関節痛の予防にもなりますので、

常日頃から体のケアをしておくといいですよ。

 

 

運動することはめんどくさく、

運動を始めたときは効果がなかなか出にくいものです。

しかし、続けていくと少しずつ効果も出てきて、

低気圧になっても体調の変化が小さくすみますので、

自身の体のためにも続けていって欲しいですね。

 

 

低気圧になることは一年中よくあることなので、

痛みが出てからではなく痛みが出る前に対策をしておくといいですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す