水道管が凍結して水が出ない時や水漏れ防止法は?水出しっぱなしの効果は?


寒い冬の朝などは気温が氷点下になって
水道の蛇口が凍結して水が出なくなってしまいますよね? 

水が必要な時に出なくて困った経験をした人も多いと思います。

そこで今回は水道の蛇口が凍結してしまった時の対処法をご紹介しましょう。

スポンサードリンク



・蛇口を無理にひねったりしてはダメ
蛇口内部のゴムパッキンは凍結している状態では、
硬く弾力性が無いので破損しやすいのです。

また破損すると水漏れの原因にもなるので厄介ですよ。

また蛇口を開けたとしても、
忘れてそのままにして昼間から水が
出っ放しになっていたという悲劇が起きないとも限りません。

・タオルを巻いてぬるま湯を掛ける
凍結している水道管にいきなり熱湯を掛けたりすると
急激な温度変化によって水道管が破損する危険があります。

タオルを巻いてぬるま湯をゆっくりと掛けます。

・ヘアードライヤーを活用する
この場合も余り近づけて熱風を当てず、
適度に離して温風を当ててやります。

・保温材(カイロなど)も有効
凍結部分にピンポイントに対処出来るので便利です。

もしかなり熱いようなら布などで包んで温めるようにします。

・アルミホイルを使う
簡単で効率的な方法では、アルミホイルを水道管に巻き付けるやり方があります。

アルミホイルの保温効果は高く、
縛る面倒もないのでトライする価値はありそうです。

水道管が凍結して水漏れを起こさないようにするには?

水道管の凍結対策としては以下のようなやり方があります。

・外部に露出している水道管に保温テープを巻いたり、
保温材(発砲スチロールなど)で包んでやる。

・寝る前に蛇口からチョロチョロと水を出しておく。

常に水道管の中を水が動いていれば凍結しにくい。

一晩中、水を出しっぱなしにしても
水道料金は心配するほど高くはなりません。

・寝る前に水道の元栓を閉めて、水道管内部の水をすべて出しておく。

寒冷地域などはそれでも凍結すると聞いた事がありますが、
念のため水を抜いておきましょう。

・古い銅製の排水管が使用されている場合は、
破損しやすいので現在主流のポリ素材のパイプに替える。

ポリ素材は素材そのものに弾力性があるので万一、
凍結しても破裂しにくいのです。

・配管周りの水滴(結露)を凍結防止の為に徹底的に拭き取るようにします。

・メーターボックスの中にビニール袋に布きれや
発泡スチロールなどを入れて保温するようにします。

凍結による水漏れが無いか確認する方法

全部の蛇口を閉めてから水道メーターボックス内のメーターを見てください。

中央より下にあるパイロットが
少しでも回っている場合は水漏れしている証拠です。

すぐに上下水道局の指定工事店に修理依頼する必要があります。

修理費用はお客様負担になりますが致し方ないですね。

水道管が凍結しないように水出しっぱなしは効果あるの?

水道管の凍結を未然に防ぐ簡単な方法として昔からよく聞くのが、
一晩中水をチョロチョロと出しっぱなしにするというものです。

貴方も聞いたことありませんか?
果たして効果はあるのでしょうか? 答えは‘YES’です。

意外と効果が見込めるようですね。

さて効果があるとしても、
どうしても気になるのが水道料金がバカ高くなってしまわないか?
ということですよね。

これは福岡県の実例なのですが、1分間で100ミリリットルの場合、
1時間で6リットル、24時間で144リットル(0.144立方メートル)になります。

それでも水道料金は税込みで38円でした。

びっくりするような高額にはなりません。

水道管が万一破裂したりなんかすれば、
一体いくら位掛かるか分かりませんよね。

リスクヘッジの意味からも、
水チョロチョロの出しっぱなしは役に立ちそうですね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す