雨の日にバイクで高速やツーリングや通勤する時の注意点



天気がいい日、雲一つない晴天の日の風を切ったバイクでのツーリングは、
すごく気持ちいいですよね。

流れる景色を見ながら、颯爽とスピードに乗ると、
心も体もすっきりとしますよね。

そんな楽しいツーリングの途中、黒い雲が来て突然雨が降り出してきたり,
前々からツーリングを予定していた日に限って
雨の予報…そんなときもあると思います。

今回はそんな雨の日のバイクの乗り方について、解説をしましょう

スポンサードリンク



雨の日のバイクツーリングするための対策

雨の日野バイクツーリングの対策として
「装備」を強化することです。

雨のツーリングは、いつもの晴れの日の装備より厳重にしましょう。

【レインウェア】
小雨程度の雨であれば、レインウェアは非常に有効な対策です。

レインウェアを選ぶポイントは、
「蒸れない」「濡れない」「しみない」「安い」「軽い」でしょう。

雨の日の着脱は大変なので、
ブーツを履いたままもでできるもので、
収納がコンパクトな物が望ましいです。

【ヘルメット】
フルフェイスタイプ(顔を全体的に覆うもの)が良いと思います。

ハーフタイプのみしか持っていない方は、
ぜひフルフェイスを準備しておくと雨の日には重宝します。

ただ、するフェイスはエアダクトから水が入り込むと内部が塗れ、
髪が濡れる恐れがありますが、
スモールジェットは通気口がないので、
内部が濡れる心配はありません。

しかし、スモールジェットは顔が全体的に覆われていないので、
どちらかが良いかは、ご自分でメリット・デメリットを比べてみてください。

【レイングローブ】
晴れた日や普段使用しているバイクのグローブは
メッシュ加工やパンチング加工をされており、
雨の日に使ってしまうと、水分を吸収してしまい、
ハンドル操作やブレーキ操作を誤ってしまう危険性が高まります。

雨の日用のグローブは、ナイロン製が手頃でよいでしょう。

ナイロン製のものですと、撥水や防水性にも期待が出来ます。

また、晴れた日よりも転倒のリスクが高まります。

プロテクションがついたものも非常におすすめです。

普通のレイングローブよりは、やはり値段は張りますが、
安全性を重視した場合には、非常に良いと考えます。

【ブーツカバー】

多少の雨なら、レインウェアでもしのぐことはできるかもしれません。

ただ、時には土砂降りや豪雨の中でも
バイクを走らせないと行けない時もあるでしょう。

そんなときには、ブーツカバーがおすすめです。

ブーツカバーには革のブーツを濡れから守るようなロングタイプと
ライディングシューズを守る2つの種類が存在します。

雨の日用のライディングシューズもありますが、
ブーツカバーよりも値段が非常に上がりますので、お財布との相談になります。

雨の日はただでさえ、レインウェアの装着も大変なので、
着脱が楽で歩きやすく価格が安心で、
防水・撥水の効果も期待出来るカバーは優れものでしょう。

ただ、カバーは持ち運びや荷物の問題がありますので、
自分のツーリングスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

雨の日にバイク通勤する時の注意点

ツーリング以外でも、バイク走行をしなければいけない時もあるでしょう。

一番多いのは、通勤や業務時だと思います。

そんなバイク通勤時等の注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【路面】
雨の日は水分により、路面が濡れています。

さらに晴れた日にたまったホコリやゴミが浮き出で、
更に滑りやすくなっています。

特にダンプやトラックの通る道はスリップしやすいと言われているので、
雨天の走行時にはより注意が必要です。

【金属素材の上の走行】
マンホールや側溝など金属でできた部分を走る時には、
より注意が必要です。

できれば金属部分の走行は避けたいですが、
どうしても走行が必要な時には、速度を落としてゆっくり進んだり、
バイクのバランスを保ち、体制が崩れないように意識しましょう。

また、金属だけではなく、水を含んだ落ち葉などの落下物も
非常に滑りやすい状態にありますので、合わせてご注意ください。

【急ブレーキ・急加速】
雨の日は、スピードを出しすぎて走行すると
危ないというのは皆さんもご存知だと思います。

ただ、通勤時など1分1秒が大切になってくるときもあり
ついスピードを出したくなると思います。

ただ、雨の日はいつもより、視界が見えにくく、
自分が気をつけていても、他の車両のスリップに巻き込まれる事故の可能性も
非常に高くなっています。

急ブレーキや急加速時には、
事故の危険性が晴れの日よりも高くなることをしっかりと念頭に置き、
安全に走行をしてください。

まとめ

雨の日のバイク走行のポイントについてご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

雨の日は、決して無理をせず、コンディションを整えて、
快適なバイクライフを過ごしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す