寝不足からくる頭痛に効果的な飲み物は?めまいや後頭部の痛みの改善法



仕事で忙しいとき、朝早くに予定がありあまり眠れないとき、
考え事があって寝付きが悪いときなど、
常にわたしたちの生活に悩みがあり、
ついつい寝不足になってしまいますよね。

1日は24時間とみんなに平等に与えられていますので、
何かやりたいことがあれば睡眠時間を
減らすしかないと考える人もいるでしょう。

そんな大変なときに、頭痛が起きた経験はありませんか?
さらにめまいを感じたことはないでしょうか。

今回は、大変な時にがんばっているあなたのために、
睡眠不足ときの頭痛やめまいの改善方法についてご紹介をします。

スポンサードリンク



寝不足で頭痛やめまいがする時の改善法

寝不足のとき、
頭痛やめまいに効果的な改善方法はいくつかあります。

まず、めまいや頭痛が起きているとき、
体内ではどんなことが起きてるかというと、
活動に十分な酸素や血液が行き渡っていない状態です。

そのため、脳は体を守ろうと体の活動に制限をかけます。

そのとき脳は自律神経に指示を出し、
血管などにも制限をかけるのです。
これがめまいや頭痛の原因です。

根本的な解決策としては、睡眠を十分に取ることです。

就寝前にマッサージやストレッチをし、
心身ともにリラックスすることで、症状の改善が望めます。

10分や15分でもよいので、
脳を休めることが一番の近道と考えられています。

手っ取り早い方法としては、
頭痛薬・鎮痛剤を服用するのも一つの手です。

ただ、薬のみだと効果は最大限発揮されないので、
少しでも胃に食べ物や飲み物を入れておくのがよいでしょう。

体のツボを押さえるという方法もあります。

「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるツボが
頭のちょうど頂点の真ん中にあります。

別名「万能ツボ」と言われ、
1分ほどツボを押さえて刺激するだけで、
頭痛などの痛みが和らぐかもしれません。

時間があるようでしたら、
ゆっくりと10〜15分お風呂につかるのもおすすめです。

血行が良くなり、筋肉の緊張もほぐれるでしょう。

寝不足のときの頭痛やめまいに効く飲み物は、いくつかあります。

脳をリラックスさせてくれる効果が期待出来るのは、
カルシウムやパントテン酸が含まれている物です。

カルシウムには、筋肉の収縮をコントロールし、
神経伝達物質を放出し、興奮や緊張の緩和を助ける働きを持っています。

また、イライラを解消させ、
精神を安定させる効果もあります。

パントテン酸はビタミンのひとつで、
エネルギーの代謝を助け、
カルシウムと同じようにストレスを和らげる働きをします。

カルシウムが多く含まれている飲み物には、牛乳があります。

他にはヨーグルトもカルシウムを多く含む食材とされています。

冷たい物より温かい物の方が効果が高いようです

さらにハーブティーもオススメです。

ラベンダーやカモミール、ローズが特によいとされています。

ストレスや痛みでこわばった心と体を和らげ、
不安や緊張をほぐしてくれる作用があり、
昔から飲む薬として親しまれています。

リラックス効果や鎮静作用を持っているので高い効果が期待出来ます。

ビタミンCや葉酸を多く含むアセロラドリンクもおすすめのひとつです。

寝不足で頭痛がする時特に後頭部が痛むときの対処法

寝不足の頭痛が起きるとき、特に後頭部が痛む方も多いです。

後頭部から、頭の全体に広がっての痛みや、
ズキズキ・じんじん・ギンギン・ギュッとした締め付けられるようなあの痛みです。

この痛みの対処方法としては、
フェイスタオルでや温かい湿布で目の疲れを和らげる方法があります。

お湯で濡らしたタオルを閉じた両目の上と首の後ろに当てます。

しばらくそのままで落ち着き、フェイスタオルが冷めてきたら、
また温かいタオルを当てます。カイロでもだいたい可能ですが、
暑すぎると刺激になり逆効果ですので、手で触れて暑すぎない温度がよいでしょう。

また,後頭部にある「えい風」「完骨(かんこつ)」
「天柱(てんちゅう)」というツボがあり、
ここを押すのもよいとされています。

まとめ

いろいろと解決策をご紹介してきましたが、
いちばんは無理をせずしっかりと休息を取り、
こころとからだをリフレッシュすることがいちばんの解決策となります。

がんばりすぎず、充分な栄養と睡眠でお休みしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す