低気圧での腰痛の対策法!出産しやすい?高気圧との密度の違いは?


低気圧になると腰痛や頭痛が出て体調が悪くなったりする人がいますが、

この対策法はあるのでしょうか?

 

また、低気圧だと出産しやすいといわれていますが、

その原因とは何なのか?

 

そして、低気圧と高気圧の密度には

どんな違いがあるのか?

 

これらを知っておくと

普段の生活にも役立ちますので

一つ一つ解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

まず、低気圧による腰痛の対策法について解説していきます。

低気圧は気圧が下がっている状態なのですが、

低気圧になっても人の体の内部の気圧を押し返す力が急には変わらないために、

体内の圧力が上がってしまいます。

 

このときに交感神経を刺激する 「ヒスタミン」 という物質が体内ででき、

血管を収縮させたり血圧を上げたりします。

 

これにより血流が悪くなり、疲労物質がたまってしまい

腰痛頭痛などを引き起こしてしまいます。

 

 

では、このときの対策はどのようにすればいいのか?

腰痛が起きる原因が血行不良によって疲労物質がたまっていることにあるので、

マッサージやストレッチなどをして血流の流れをよくすることが

健康的な対策法として適しています。

 

 

あとは少しでも腰の負担を軽くするために、

コルセットの着用もいいですよ。

 

ただコルセットを着用する場合は、

腰の痛みが出ているときだけにしてください。

 

腰痛がひどくないときでもコルセットをつけたままにしておくと、

腰回りの筋肉が落ちていき、

腰痛が出やすい体になってしまいます。

 

 

なので腰痛がひどいときだけコルセットを着用して、

ひどくないときはストレッチや体操・ヨガなどをして

体の血流を良くしておくと腰痛が出にくい体作りができます。

 

 

普段からウォーキングやランニングをして足腰を鍛えておくのも

腰痛が出にくくなりますので、

めんどくさく感じることもあると思いますが、

筋肉をつけ腰の負担を軽くしておくといいですよ。

 

 

低気圧になると出産しやすくなるようですが、

低気圧だと体調の変化が起きて

陣痛がおきやすくなり出産する妊婦の方が多くなります。

 

助産師や看護師から聞いた話では、

やはり雨の日や台風の日に出産する人の数が多くなるとのことです。

 

 

低気圧と高気圧の密度の違いは?

簡単に説明すると、

低気圧周辺に比べて気圧が低くなっているところ。

高気圧周辺に比べて気圧が高くなっているところです。

 

気圧を表す単位はヘクトパスカルですが、

ヘクトパカルがこの数値以上が高気圧などの指定はありません。

 

 

低気圧だと体調の変化がおきやすいので、

紹介した対策法を参考にしてみてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す