洗濯の干し方の基本的なポイント!ハンガーはこう使おう!


洗濯は毎日の事なので、主婦もそうじゃない人にとっても
いかにしたら効率よくできるのか?というのは
気になるところですよね?

洗濯は洗濯機がやってくれるけれど、
乾燥機で乾かすこともできるけれど、
お日様にあてて乾かしたいし、雨の日の部屋干しも
なるべくはやくきれいに仕上げたいものですよね?

スポンサードリンク



後のアイロンがけの事を考えれば、
なるべくしわなく、ピシッと仕上がるのが理想です。

そんなことをふまえて、少しやり方を変えるだけで
前より楽になるようになる知恵をお伝えできたらとおもいます。

洗濯物の干し方の基本的なやり方

1.脱水後すぐ干す

脱水機の中は高湿度。
そこに長時間放置しておくと、しわが取れにくくなったり
生乾きの匂いがついたりとそれだけでがっかりな結果になってしまいます。

脱水機から取り出すときに
しわを伸ばしながらたたむというひと手間が効果的です。

たたんで、手のひらでたたいてのばします。

細かい下着類やシャツ類などを干す場所別に仕分けることもでき、
結果、干すときに効率よくできます。

2.風通しを良くする

洗濯物の間は5cm以上の間隔をあけて干しましょう。
密着していると、その分乾きが悪くなります。

3.裏返して干す

服の縫い目やポケットなど裏側に布地の重なった部分が多いものです。

裏返して干せば、日光による衣服の色褪せも防ぐことができ、
早く乾くので一石二鳥です。

家族に洗濯物を出すときに裏返しに出してもらうよう
協力してもらうと、裏返す手間も省けますね。

4.洗濯表示を確認する

吊り干し、日陰干し、平干しなどの表示があるので
確認してから干しましょう。

型崩れや、色褪せなどを防ぐためです。

天気のいい日は外に干すと、太陽の光には殺菌効果があり
雑菌の繁殖を防いでくれます。

さらに、漂白効果もありシミが目立たなくなるようです。

ただし、花粉が飛散している時、
黄砂がひどい時
PM2.5の分布が予測されるときは
晴れていても部屋干しの方がいいこともありますね。

洗濯の干し方でハンガーの上手な使い方

シャツ類
ハンガーは服の大きさにあったものを使いましょう。
なるべく厚みのあるハンガーであれば尚よしです。

肩の縫い目がハンガーに乗るように使いましょう。
型崩れ防止になります。

ニット類
ハンガーに吊るすと、重みで伸びてしまうので
平干しがおすすめです。

平干しハンガーも売ってます。

物干しざおに直接かける吊り干しも
平干しより、手軽にできそうですね。

タオル類、シーツ類
二本の物干し竿を使ってM字干しにすると、
空気が通りやすく乾きやすくなります。

雨の日や、干すスペースが限られている時はピンチハンガーが便利です。
じゃばら干しにして空気を通りやすくしましょう。

ずらし干しで生地が重ならないようにずらして干して
飛ばないように洗濯ばさみでしっかり留めるとはやく乾きます。

ボトムス類
ピンチハンガーが便利です。

筒型になるように干すと空気が通って早く乾きます。

トレーナーやパーカー類
生地が厚いものが多いので、袖やフードが重ならないように
広げて干すと早く乾きます。

最近では、パーカー用のハンガーも売っていますね。

まとめ

いかがでしたか?
毎日晴れの日ばかりではないので、時には仕方なく
連日部屋干し・・・ということもありますね。

そんな時はくしゃくしゃにして広げた新聞紙を
洗濯物の下にひいて、湿気を吸わせるようにしたり

換気扇を回して、扇風機やサーキュレーターを
直接洗濯ものにあたるように調節したり、
いよいよせっぱ詰ったら、コインランドリーに走る
なんてことも時折あってもいいのではないでしょうか?

冬の部屋が乾燥する季節は風邪予防に乾燥対策で部屋干しして
湿度を保つなんてこともありかと思います。

住んでいる地域、気候によって工夫も必要ですね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す