強風のベランダでも育つ植物は?布団や物干しが飛んでいかないコツ



一般的にマンションのベランダやバルコニーは、
リビング・ダイニングルームに面して
配置している場合が多いのではないかと思います。

外部空間と内部空間を繋ぐ中間的な意味合いを持った独特のスペースですよね。

スポンサードリンク



勿論、多目的用途に使用できる空間であり、
バーベキューパーティーや休日の
朝食昼食兼用のブランチやほっと一息のティータイムなどなど。

アイデア次第で用途は色々と広がります。

でも大概は、洗濯物の物干し場とか
ガーデニングで植木鉢を並べたりなどが最も普通の用途かも知れません。

そこで今回は、知って得するミニ知識をお伝えしたいと思います。

強風が吹くベランダでも育つ植物は?

先ずは、もし出来ればベランダのコンクリートの床を
スノコやウッドデッキパネルなどで覆うと、
見た目もおしゃれになって夏の暑さや
冬の冷たさも感じにくくなるのでおすすめですよ。

では、本題の強風が吹くベランダでも育つ植物は?ですが、
基本的には強風に晒される厳しい環境下ですから、
風に負けないツル植物が無難と思います。

他にもサボテンや多肉植物もありますが、
花を楽しむ植物という観点から
今回は除外させて頂きました。

さてツル植物ですが、強風を念頭に置いてトレリスなどに
ツルを絡ませてグリーンカーテンにするのも悪くないでしょう。

具体的には「スイカズラ」「ツルハナナス」
「トケイソウ」「ツルバラ」などの品種が一般的かと思います。

ツル植物ではありませんが、
オリーブも強風には強い植物です。

但し成長する度に鉢を大きくする必要がありますが。

植え付ける際に、ベランダですからエアコンの室外機があると思いますが、
排気が直接植物に当たらないように気を付ける必要があります。

特にベランダやバルコニーでガーデニングを楽しむ場合は、
普通の庭にプランターや鉢を置く場合と比べると
どうしても乾燥しやすい為、水やりの頻度が増えます。

その分、水切れ注意です。

更に下の階に水がかからないような配慮も要るでしょう。

土が流れて排水口に詰まる事もあるので、
最初から鉢の土は少なめに入れるようにして、
水やりしても土がこぼれ出さないようにしましょう。

また、気を付けなければならないのが、
夏場の直射日光が直接当たらないようにする事や
西日にも注意が必要になります。

すだれやヨシズなどで日よけが出来れば最適です。

場所柄、強風が吹くので、
特に小型の鉢などは飛ばされないようパレットなどに並べて
固定するなど工夫してください。

プランターなども出来るだけ高さの低いものを使用した方が安心ですね。

小鉢などが風で飛ばされて落下したりすると、
予想だにしないような重大な事故にもなりかねませんから。

そこは細心の注意を払ってください。

強風のベランダに干した布団や物干しが飛ばないようにするコツ

強風でも物干し竿は洗濯物を干していない時は飛びませんが、
干している時は飛びやすくなるので要注意です。
飛びにくくする工夫を何点かご紹介しましょう。

・飛びにくくする為に竿本体と竿受け部をひもなどで縛る。

・物干し竿に古いストッキングをらせん状に巻いておいて、
その中にハンガーなどを掛ける。
ストッキングがストッパーになって、ハンガー自体が動かなくなる。

・物干しの一番外側の物干し竿に市販の「ベランダカーテン」を取り付ける。
これで雨の吹き込みや風を防ぎます。

・100円ショップ等で市販されている
ハンガーを掛ける為の穴が開いたロープを利用する。

・布団に関しては、手すりに掛けている布団の下部が
パタパタと風に煽られて飛ばないよう下部をひもなどで結んでおきます。
こうする事で、強風でも飛びにくくなると思います。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す