強風から窓ガラスが割れるのを防ぐ対策法



台風などの強風に対して窓ガラス等に
何の対策も講じなければ最悪の場合、
どうなってしまうのでしょうか?

当然ながら窓ガラスは破損して、
部屋の中に粉々になって飛散してしまいます。

もし雨が降っていれば、部屋の中まで雨が吹き込んで
床や家具やベッドもすべて水浸し!

場合によっては、
水濡れした家電製品などは故障してしまうかも知れませんね?

スポンサードリンク



じゃあ一体、どの位の強さの風なら窓ガラスが割れてしまうのか?

実際には風だけで割れる場合は少なくて、
大抵は強風にあおられて飛んで来た物が
ガラスに当たって破損する場合がほとんどです。

天気予報などで風速何メートルって聞いても、
正直な話あまりピンとこない人が多いと思います。

風速を実感しやすいように気象庁のサイトには
次のような内容の説明がありましたのでご紹介しましょう。

風速10メートル~15メートル未満
・傘がさせない。風に向かって歩きにくくなる。
・樹木全体が揺れる。
・取り付けが不完全な看板やトタン板が飛び始める。

風速15メートル~20メートル未満
・風に向かって歩けない。転倒する人もいる。
・小枝が折れる。
・ビニールハウスが壊れ始める。

風速20メートル~25メートル未満
・しっかりと身体を確保しないと転倒する。
・風で飛ばされたもので窓ガラスが割れる。←

風速25メートル~30メートル未満
・立っていられない。屋外での行動は危険。
・ブロック塀が壊れ、
取り付けの不完全な屋外外装材が剥がれて飛び始める。

風速30メートル以上
・樹木が根こそぎ倒れ始める。
・屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる。

強風で窓が割れるのを防ぐには?

・周辺の片づけや樹木の固定作業

自分の庭や家の周り、ベランダなどを
きちんと片付けて強風への備えをしましょう。

強風に飛ばされた物が窓に当たらないようにする予防措置です。

植木鉢やガーデニング用具、
自転車や子供の遊び道具なども
家の中に取り込んでおいた方が無難です。

また、大きな物などはロープなどで縛ったりして
固定しておくと安心ですね。

また樹木なども強風で折れたりしないように、
ロープなどで固定しておいてください。

強風だけで窓ガラスが割れるというよりも、
実際には何か物が飛んで来て
窓ガラスに当たって割れるケースが圧倒的に多いので
周辺の片づけは非常に大切です。

それから、各部屋のカーテンは閉めておいた方が安全です。
どうしてか分かりますか?

万一、窓ガラスが割れた際にも、
ガラスの散乱を最小限に出来るからです。

強風の日に窓にはどんな対策をしたらいい?

・窓自体の強度アップ
ガラス強化フィルムを窓ガラスに貼り付ける。
本来は防犯用のフィルムなので非常に強力です。

あまりお金を掛けないで、
気軽に強化対策したい場合にはガムテープが良いでしょう。

後で剥がす事を考えれば、
布製のガムテープか養生テープ(マスキングテープ)がベターだと思います。

普通のガムテープは剥がした後に、
接着剤の跡が残ったりしますから。

貼り方はガラス面で米印になるよう(イギリス国旗のユニオンジャックみたいに)
貼れば強度的にも大丈夫です。

これなら万一、ガラスが割れても飛散防止になりますから。

・窓の外側で強度アップ

シャッターや雨といのある窓ガラスなら大丈夫ですが、
もし無い場合はどうすれば良いのでしょうか? 

簡易的な防護ネットのような物が
ホームセンターなどで市販されていますから、
窓の外側に張るだけでも強度アップになります。

わざわざ市販の防護ネットを買いたくない!と
思われる方もいらっしゃると思います。

では、昔ながらの方法で防御策を考えましょう!

窓の外側からベニヤ板や段ボール材を打ち付けたり貼り付けるようにする。
これは思っている以上に強力です。
手間暇を惜しまないのであれば確実な方法かも。

被害を受けて、壊れてから修理をするのは大変ですから、
万一を考えて窓ガラスの割れと
飛散防止の事前対策をしてくださいね!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す