ノロウイルスのおすすめ消毒スプレー!アルコールやミルトンは効果があるの?


食中毒と聞くと、夏に流行るもののイメージがありますが
ノロウイルスが猛威をふるうのは
寒い時期、秋から冬にかけての時期です。

ノロウイルスにかかったことがある方々は皆口をそろえて
「とても苦しかった、しんどかった」とおっしゃいます。

非常に小さいノロウイルスは、どこで付着し感染してしまったのか
わからない場合がほとんどです。

知らないうちに感染してしまうだけではなく
自分自身もまわりに拡散させてしまうこともあります。

自身や家族が大変な思いをしないためにも、予防はとても大切!

今回はご家庭でできる簡単な消毒方法などについてご紹介します

スポンサードリンク



ノロウイルスを消毒するのにアルコールは効果的か?

ノロウイルスが流行しだした頃からよく言われている
”「ノロウイルスにアルコール消毒は無力」説”

これはいったいどういう事なのか?

理由は、「ノロウイルスはエンベロープを持たないウイルスだから」。

エンベロープとは、ウイルスの外側を覆う膜の名前です。

わかりやすく説明すると
ウイルスを守っているこの膜を破壊できるのがアルコールです。

膜が破壊されるとウイルスの活動は停止

ノロウイルスにもこれが通用すればよいのですが
「膜をもたないウイルス」イコール「膜がなくても生きていけるウイルス」。

そんなノロウイルスにアルコールをかけても
抵抗力があるため全く効かない…といわれてきたのです。

しかし!時が経つにつれ新たな研究結果がでてきました。

マウスを使ってノロウイルスの実験を行ったところ
アルコールでの消毒も一定の効果があることがわかったのです。

塩素系の消毒に比べると効果は薄いものの、
”無力ではない”ことが証明されつつあります。

まだ新しいウイルスとして扱われているノロウイルス、
今後も少しずついろいろなことがわかってくるでしょう。

ノロウイルスを消毒するのにミルトンは効果があるのか?

ノロウイルスには次亜塩素酸水のような
塩素系の消毒液が有効です。

言葉で聞くと難しくて「そんなもの探して買うなんて無理」
と思いますよね。(私は思いました)

ですが、身近な薬局やホームセンター、
スーパーマーケットでも販売されているため
意外と簡単に入手することができます。

よく目にするのはハイターやブリーチのような漂白剤
哺乳瓶などの乳児用品に使用するミルトンなど。

消毒スプレーを作るのにおすすめなのはミルトンです。

このような商品にはもともと次亜塩素酸水が含まれているので
買ってきたものを水で薄めるだけで
ノロウイルス対策に有効な消毒液になります。

取り扱いには注意が必要なので
説明書をよく見て適正な希釈倍率を知ったうえで
消毒液をつくりましょう。

作った消毒液を布やキッチンペーパーに浸して
消毒したい場所を拭き、
10分~15分置いたあと水拭きをすれば完了です。

処理はゴム手袋やビニール手袋を使用して
速やかに行うよう心がけてくださいね。

ノロウイルスを消毒するのにハイターは効果がある?

入手しやすい消毒液に”ハイター”も挙げられます。

(”ハイター”の名の付く商品の中でも成分に
”次亜塩素酸ナトリウムが含まれるもの”限定)
こちらも水で薄めてからつかいましょう。

消毒スプレーを作る際は必ず水をまぜてください。

お湯をまぜると効果が減少するといわれています。

しっかりと消毒したいなら塩素系の消毒スプレー!

水で薄めるだけでつくれる塩素系の消毒スプレーがおすすめです。

しかしアルコールの消毒液、または消毒スプレーしかない場合も
なにもしないよりはしたほうが良い!一定の効果は見込めます!

毎年流行するノロウイルスに対処できるように
正しい処理の仕方を覚えておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す