雨の日の肩こりや頭痛や眠気の改善方法


台風や梅雨の時期、雨が続く時期など天気がどんよりしていると
気分も一緒にどんよりしてしまいますよね。

そして、さらに肩こりや頭痛、
眠気なども同時に起こってしまったときには、
よりどんよりしてしまいますよね。

では、なぜ雨の日などにこのように体調が悪くなってしまうのでしょうか?
その原因や改善方法についてご紹介します!

スポンサードリンク



雨の日に頭痛や眠気が出る原因は?

雨の日などに頭痛や眠気が起きたり体調不良になってしまうのは、
「気圧の変化」とその気圧の変化による
「自律神経の乱れ」が主な原因と考えられています。

まず気圧とは、大気の圧力のことで、
空気の重さが天気の影響で地面に圧力をかけ、
その地面の上にいるわたしたちにも影響する力のことをいいます。

この気圧が変化すると、
まず耳の中にある「内耳(ないじ)」
と呼ばれる器官が気圧の変化を察知します。

この気圧センサーの内耳が気圧の変化を感じた後は、
体内でも気圧の変化に対応しようとし、
自律神経に伝達されます。

自律神経とは24時間働く循環器・消化器・
呼吸器などの活動を調整する神経のことで、
このうち、「交感神経」と呼ばれる体の活動に対して
活発に働く神経の動きに刺激が与えられます。

交感神経が興奮すると血管が感受性も敏感になります。

この影響により、脳の血管や様々血管が膨張をし頭痛が引き起こされたり、
普段何ともないところが痛んだり、
昔痛めたところに痛みを感じたり、
血行不良で筋肉も影響を受け、肩こりやだるさを引き起こすのです。

雨の日の頭痛の改善方法

そんな生理現象とも言える気圧の変化による体調不良のときでも、
仕事や勉強などがんばらなければいけないことがあるでしょう。

改善策としては、「自律神経を安定させること」です。

例えば、カフェインを摂るのも一つの手です。

カフェインには血管を収縮させる効果があるので、
一時的に痛みを和らげてくれるのを期待出来ます。

カフェインは、コーヒーや栄養ドリンク、エナジードリンク、
チョコレート、コカコーラ、紅茶に含まれていますので、気軽に摂取できると思います。

ただ、過度の摂取は体に毒ですので、
あくまでも適度な摂取をおすすめいたします。

もちろん市販の頭痛薬や乗り物酔いの薬も効果があるようです。

しかし、妊婦さんや薬はちょっと・・・
という容易く薬を服用したくないかたもいるでしょう。

そんな方には、深呼吸をしたり、
軽い有酸素運動(ウォーキングやストレッチ、マッサージ)や
アロマ、十分な睡眠をとったり、光を浴びるのもおすすめです。

気圧が不安定なとき、酸素が薄いことがあるそうです。

そのときに、思い切り腹式呼吸のように深呼吸をすると、
体内の副交感神経と呼ばれる体の疲れやダメージを癒し、
心と体に酸素を取り込みリラックスさせ、
精神や体内をS安定させる副交感神経に良い影響をあたることができると考えられます。

また有酸素運動を行うことで、緊張した交感神経がほぐれ、
緊張した筋肉もほぐすことができると期待できます。

アロマについては、寝室や浴室、
オフィスなどで自分が落ち着く香りを体に取り込むことで、
同じく副交感神経の安定へと効果が期待出来ます。

睡眠や光を浴びることは、
そもそもの原因である自律神経を
安定させることに対して期待できると考えられています。

光は朝起きた時にカーテンを開けて、
自然光を体に染み込ませるとよいそうです。

睡眠と自然の太陽光で規則正しい生活に戻すことで
体の中の体内時計のリセットができたり、
乱れた自律神経を整えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不安定な雨の時期の頭痛や肩こり、
眠気の悩みは致し方ない部分もあると言えます。

悩みや痛みは抱え込まず、リラックスして快適に過ごしましょう!

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す