洗濯を手洗いする時のおすすめグッズ!正しい洗剤の選び方ややり方は?


大事なお洋服はずっと大切に着ていきたいですよね。

クリーニング代を節約するためにも
手洗いをしたいときもありますよね。

手洗いマークがついた大切なお洋服は、
どのように洗うのがよいのでしょうか。

スポンサードリンク



洗濯を手洗いする時の洗剤の選び方

手洗いマークがついた衣類を洗濯する時の洗剤は、
ズバリ「中性洗剤」と「界面活性剤入り」のものを選ぶとよいでしょう!

まず中性洗剤を選ぶ理由は、服を痛めないようにするためです。

洗剤には2つ種類があり、
「弱アルカリ性」と「中性」があります。

弱アルカリ性は衣類の汚れを落とす洗浄力が高いですが、
その分衣類を痛めてしまう可能性を持っています。

手荒いマークがついている衣類の大半は
ウールやシルクなどのデリケートで痛みやすい素材でできています。

セータを他の衣類と一緒に洗って、
ごわごわになった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ごわごわの原因は洗剤にあったのですね。

また、界面活性剤は水と油(汚れ)という
本来溶け合わない物同士を結びつけ、
お互いを同じような状態に変化させる効果を持っている成分です。

この界面活性剤が、汚れ(油)に染み込み、
油を分解して、汚れを落としてくれるという仕組みなのです。

この界面活性剤は、洗濯用洗剤以外にも、
身近なものに使われており、食器洗い用の洗剤や手洗いなどの石けん、
シャンプーにも使われている汚れを落とすために必要なものです。

さらに、界面活性剤は泡落ちにも影響を及ぼす重要な役目を果たします。

泡立ちのよい洗剤は確かにたくさんの泡で汚れを落とすので、
汚れ落ちも良いのですが、
そのたくさんの泡の中にある成分が衣類の繊維の中に行き渡るため、
すすぎのときにたくさんのすすぎ水を必要とします。

すすぎが甘いと成分が残っているので、
衣類を着用したときに違和感を感じますし、
すすぎが多いと何度も衣類を洗うので衣類を痛める可能性があり、
時間も多くかかります。

またたくさんすすぎをするので、水道代も高くなります。

洗濯を手洗いする時の正しいやり方

手洗いに適した洗剤の選び方が分かったところで、
次に手洗いの正しいやり方について、ご紹介いたしましょう。

(1) まず必要な材料を用意します。
今回は手洗いということで、洗い桶と洗剤、ぬるま湯を用意します。
手荒れ気になる方は手袋をすると良いと思います。

(2) 洗剤液を作ります。
洗濯用洗剤の裏面に分量が記載されていますので、ただし分量で行います。

お湯を使う理由は、温度が低いと洗剤が固まってしまい、
本来の力を発揮できないこと、
服が痛む・縮む可能性をできる限り低くするためです。

(3) 衣類を畳んで洗い桶に入れる
作った液に衣類がしっかりつかるように入れます。
このとき汚れがあるときは汚れ面を表側にするとよいでしょう。

(4) 押し洗いをする
畳んだ衣類を液に浸したら、
衣類を洗い桶の底に押すように洗います。
一度押して衣類が浮いてきたらまた優しく押すを
20から30回ほど繰り替えます。

このとき衣類を無下に擦ったりしないようにしましょう。

(5)衣類をきれいにすすぎます
このときもぬるま湯を使いましょう。

このときも先ほどのように、押しては浮くのを待ち、
また押す作業を行います。
泡がでなくなるまで行います。

(5) 脱水・洗い
最後にタオルに包んであらかたの水分を取り、
洗濯用ネットに入れ、10から30秒脱水をします。

このときも衣類を痛めないように優しくするのがポイントです。

いかがでしたでしょうか。
大切な衣類なので、
ぜひ手洗いのときに今回のポイントを意識してみてください。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す