水道管凍結して破裂する原因や温度は?どんな症状が出る?


寒さが増してくる冬の季節。寒い外から帰ってきて、
お風呂に入って温まろうと思い、蛇口をひねったあなた。

お湯がでない、お湯どころか、水も出ない、
なんて経験をしたことがあるひとも居ると思います。

寒い朝、お味噌汁を作ろうとキッチンの蛇口をひねっても一滴も水が出ない、
トイレが流れないなんてもことも、冬の時期には多いに起こるのです。

スポンサードリンク



水道管凍結して破裂する温度は?

一般的に12月から、遅い時期ですと3月の下旬まで、
水道管の凍結の報告が非常に多く、
修理業者への工事依頼が多発する時期で、
水道管の凍結に特に注意すべき期間と言われています。

では、そもそもの水道管の凍結や破損の原因は何になるのでしょうか。

水道管凍結による破損は、水分(液体)が個体へと変化する際に、
体積が大きくなることで起こります。

ペットボトルに水などの飲み物を入れ、
冷凍庫で凍らせて取り出してみると、
ペットボトルがパンパンに膨れているのを見たことがあるひともいるでしょう。

水道管内は常に水で満たされています。

その症状が水道管でも同じように起こっているのです。

水道管凍結の温度は一般的にマイナス4度と言われています。

しかし、北向きの部屋であったり、水道管や給湯器が日向ではなく影にあったり、
水道管が外に露出している部分が大きかったり等の
さまざまな要因で起こるものですので、
気温がマイナス4度に満たなくても注意が必要です。

液体(水分)が凍り始めるのは、マイナス0度となっているので、
マイナス4度はあくまでも目安として、
マイナス0度から対策と打つのが良いと考えられます。

水道管凍結して破裂したらどんな症状が出る?

では、もし仮に水道管が凍結していた場合、どのような症状がでるのでしょうか?

水道管が凍結していた場合、
とにもかくにも蛇口をひねったときに水(お湯等)が出ません。

これは明白な事実となりますが、
水道料金を払い忘れている場合も考えられますので、しっかと確認をしましょう。

また、もし水道管の中で過度の膨張が発生している場合には、
外部にも影響が出ていることがあります。

液体の膨張により、この場合にすでに水道管が破裂しているときには、
外に水が漏れだしていることがあります。

目に見える破損のときには、水道管に亀裂が合ったり、
水がこぼれているのを目視で確認ができますが、
水道管が内部に設置されていたりなどで目視で確認できない場合には、
水道メーターで確認するのがよいでしょう。

明らかに前回見たときの水道料金と比較して水道料金我高くなっていたり、
水道量の使用量が多くなっている時には注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

水道管の破損は、
寒い地方に長年住んでいるベテランのひとでも対処を怠ると起きてしまう、
誰にでも起こりうる症状です。

水道管の破損が起きてしまうと、
高額な水道料金が請求されたり、
水漏れで家財や床の浸水などで修理費を請求されてしまたったり、
最悪の場合には近隣の住民のかたにもご迷惑をおかけしてしまうこともあるでしょう。

水道管の破裂・凍結の防止対策としては、
気温が下がりそうな日や今晩は少し冷え込むなと感じた日に、
蛇口を少しひねって水をちょろちょろと少し流し続けたり、
露出が多い水道管にホームセンターで売っているような
発泡スチロールの筒や毛布などをかぶせたりするのは昔から行われています。

また、水道管・給湯器・温水器・ボイラー・湯沸かし器・トレイなど
水道管が通っているところ(水が通っているところ)の水抜きをしたり、
小型の温風ヒーターなどを用意し電源を常にオンにするなど
防止方法はたくさんありますので、
ぜひご自分でできなそうものを、試してみてはいかがでしょうか。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す