ブラジルの治安は?ワールドカップ日本戦の都市では?悪い理由や対策は?


2014年のワールドカップ開催国として注目を集めているブラジルですが、

治安がどうなっているのか気になりますね。

 

そこでブラジルの治安について

解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

ブラジルの治安は悪いの?

ブラジルの治安に対してあまりいいイメージがありませんが、

実のところどうなんでしょうか?

外務省が発表している危険情報によると

4段階ある危険度で 「危険度レベル1」 に指定されています。

 

この危険度レベル1は、

4段階あるレベルの中で一番低いレベルではありますが、

特別に注意が必要な地域であることをさしています。

 

 

ブラジルでは特に夜の治安がよくなく、

襲撃防止のため夜間には自動車でも信号を守るなといわれています。

 

ブラジル人でさえも空港に行った際、

強盗を避けるために保安検査を急いで受け、

ゲートをすばやく通るほど警戒しています。

 

 

ワールドカップ日本戦が行われる都市の治安は?

6月15日にブラジル戦をブラジリア

6月19日にイタリア戦をレシフェ

6月22日にメキシコ戦をベロオリゾンテで行われます。

 

この3都市の治安についてですが、

まずブラジリアの治安は、

以前までブラジル内では治安はいい方だといわれていましたが、

現在では犯罪発生件数が増えてきており、

治安が悪い都市で有名な

リオデジャネイロやサンパウロに続いて悪い状況になっています。

 

 

日本戦2戦目が行われるレシフェについて。

レシフェは他の都市よりも治安が悪く

世界で一番治安が悪い都市とも言われています。

 

 

3戦目が行われるベロオリゾンテの治安は?

この都市はブラジルの中では比較的治安はよく、

昼間でしたら歩いて出かけたりもできますが、

一人で出歩くのは止めたほうがいいです。

 

あと夜間の外出や高級品を身につけるのもNGです。

 

 

ブラジルの治安は日本に比べると明らかに悪いのですが、

この理由とは何なのでしょうか?

一番大きな理由としては、

やはり経済格差により治安が悪くなっているようです。

 

経済格差が広がると、貧困層の人が

盗みを働いたり、薬関係の犯罪をおかしてしまい

治安が悪くなっていきます。

 

 

さて、ブラジルの治安は悪いことは十分解説していきましたが、

それでもワールドカップの観戦や旅行に行く方も多いかと思います。

 

なので、ブラジルに行く際には十分の対策が必要です。

例えば、

単独行動や夜間での外出はしない

高級品は身につけない

もし、襲われることがあっても抵抗しない。

(抵抗すると脅しだけではすまないことがあります。)

最新の治安情報を入手し、治安が悪い地域には近づかない。

 

とこういうような対策をしてください。

 

 

日本は世界的に見ても平和な国で、

防犯対策に対してあまり力を入れていません。

 

日本と同じような感覚で行くと、

危険なので十分に注意して下さいね。

 

 

 

 

 

 

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す