寝不足で腹痛や頭痛や吐き気がある時の解消法


寝不足で頭が痛い! よく経験する症状ですよね?

どうして寝不足だと頭痛が起こるのか?
残念ながらそのメカニズムは
まだ完全には解明されていません。

睡眠時間の不足に伴う血流の低下が原因ともいわれています。

簡単に言えば、血流低下→脳への血流悪化→脳が血流を促進しようとして
セロトニンを分泌→血管が拡張する→神経を圧迫する→頭痛の発生!と
なるのです。

スポンサードリンク



・片頭痛の対処法
片頭痛は血管の拡張による炎症かあるいは
周囲の神経の圧迫痛が原因とされています。

痛みが襲ってきたら、まずは安静にする事が大切です。

もし可能なら、30分程度横になって安静にします。

その際に眠っても構いません。
仕事など横になれない状況の場合も、
椅子に座ったまま一時間程度、安静にすれば大丈夫です。

・コーヒーを摂取する。
コーヒーに含まれるカフェインが拡張した血管を
収縮させる作用があるので痛みが緩和されるのです。

但し飲み過ぎは逆効果なので留意ください。

・片頭痛の予防

・ 片頭痛の大きな原因のひとつがストレスと考えられています。

日頃のライフスタイルを見直して、
日々の睡眠不足や過労などによって
疲労が蓄積している人は休日にはしっかり休むなど
生活パターンの変更も場合によっては必要になります。

・ 片頭痛の誘因となりうるものがありますので、意識的に避けるように
することも重要です。

ライトなどの眩しい光や騒音、香水のきつい香りなどです。

寝不足からくる腹痛の解消法

寝不足と腹痛や下痢などは、一見結びつかないような気がしますが
実際には、そんな悩みを抱えた人が大勢いるのです。

我々の身体の中は交感神経と副交感神経という
自立神経によって制御されているのですが、
睡眠時間が不足すると自律神経の働きに乱れが生じてしまいます。

その影響が最も出やすい器官が胃腸などの消化器官です。

本来の胃腸の働きが不調になると、消化活動が正常には行われず
その結果として腹痛や下痢といった症状になって現れるのです。

 腹痛や下痢の場合の対処法は?

もちろん寝不足の解消が第一ですが、
胃腸のケアには次の三点に気を付けるようにしてください。

・お粥、うどん、雑炊、おじや、豆腐、豆乳、野菜スープなど消化の
良いものを摂取するようにします。

・食事の回数を減らすのも有効です。
その分、胃腸に掛かっていた負担が軽くなり、休ませる事にも繋がりますから。

食欲が無いような時は、無理して食べる必要はありません。

・寝不足などでよく腹痛や下痢を起こす人は、
胃腸薬を飲むようにした方が無難です。

寝不足で腹痛や吐き気がするときどうする?

睡眠不足からくる吐き気への対処としては、
以下の点に注意してください。

かなり症状が和らぐと思います。

・刺激物を取らない事

吐き気がするときは、当然胃腸は弱っているのでコーヒーや
アルコール、炭酸飲料やスパイシーな食べ物などは控えます。

おすすめは胃腸に優しいお粥、豆腐、野菜スープ、スポーツ
ドリンクなどです。

フルーツではバナナなども良いでしょう。

・生活スタイルを見直す

睡眠時間を一時間でも長く確保する為に、仕事や家事などの
取り組み方や段取り、順序などを再点検してみる。

多面的にチェックすると、ちょっとした工夫で一時間程度の
睡眠時間延長は可能です。

・寝室の明るさ

部屋を出来るだけ暗くして、ゆっくりと眠ることが必要です。

明るいと質の良い睡眠が確保できません。

・食事を控える

胃腸が弱っているので食事の回数を減らして、
胃腸の消化に掛かる負担を少しでも減らしてやります。

いずれにせよ、吐き気が出た時は身体が休息を求めているサインなので、
決して無理をせずゆっくりと休養し眠る事が何よりも大切です。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す