寝不足で吐き気や熱がある時どんな食べ物や飲み物がいい?



適度に良質な睡眠を取ることは、
人間にとって疲れた脳や身体に休息を与えて
リフレッシュさせて免疫力を回復させる非常に大切な行為であることは間違いありません。

その意味で、慢性的に睡眠が不足しているような場合は健康管理の面からも要注意です。

生活パターンを見直して、
一時間でも睡眠時間を余分に確保出来るよう工夫をしてみる
ことが必要になります。

忠実に守るだけで、つらい症状が少しでも軽減されると思います。

スポンサードリンク



寝不足で吐き気や熱がある時の対処法

睡眠不足に起因する発熱は、一般的に「心因性発熱」と呼ばれています。

寝不足が身体に与えるストレスにより微熱が続いたり、
38度以上の高熱が出る場合もあります。

ちなみに風邪薬や解熱剤を服用しても効果は期待出来ません。どうしてでしょうか?

風邪などによる発熱は身体に侵入したウイルスによって症状が引き起こされますが
睡眠不足による心因性発熱の場合は、
ウイルスではなくストレスが直接の原因だからです。

では、どうすれば熱を下げられるのか?

もちろん、一番良いのは睡眠時間の確保と適度な休息をとる事です。

でもなかなかそれが難しいという人も多いと思います。

睡眠時間を長く取れないのであれば、
逆に睡眠の質を上げて少しでもカバーするようにしましょう。

極めて簡単なことですよ。

以下の四点を守るようにしてください。

・ベッドに入る3時間前には夕食を済ませる。

・ベッドに入る2~3時間前に、風呂に入り身体をリラックスさせる。

その後、ハーブティーやホットミルクなどを飲むのも効果的です。

・寝る前にパソコンやスマホを見るのは止めましょう。

それらの機器が発するブルーライトは
睡眠の質を低下させる要因になることが実証されています。

・寝室の照明は出来る限り暗くして眠るようにしてください。

明るいと質の良い睡眠が確保出来ません。

睡眠不足による吐き気の原因は、
文字通り睡眠時間の不足か睡眠の質が悪いからです。

日常的にこのような症状を放置しておくと、
将来的に糖尿病・生活習慣病・高血圧・肥満などの発症リスクを高める恐れがあります。

吐き気の対処法としては、次の二点を実行してみてください。すぐに出来る方法です。

・仮眠や昼寝をする。
仕事をしているのに昼寝なんて出来ない!ですか?
昼休みに椅子に座った状態でも電車の席でも構いません。

時間は20分以内です。

眠れなくても静かにじっと目を閉じているだけでもOKです。

それだけでも充分に脳が休まりますから。

逆に注意すべき点として、横になって寝てはいけません。

身体が本格的な眠りモードに入ってしまうと、
20分で起きた時にかえって疲れを感じてしまいますから。

・刺激物の摂取を控える。
コーヒーやアルコール、炭酸飲料水、辛いものなどは逆効果になりますから控えます。

寝不足で吐き気がある時におすすめの飲み物

寝不足による吐き気がある場合は、
胃腸自体も弱っている訳ですから基本的に刺激物は
控えるようにしてください。

更に吐き気を無理に止めようせず、
もし吐ける場合は吐いてしまった方が楽になります。

もちろん、無理に吐くようにする必要はありませんが。

・吐き気のある時のおすすめの飲み物
白湯やスポーツドリンクなどが最適です。

・吐き気のある時のおすすめの食べ物
弱っている胃腸をいたわる意味からも、
消化の良い食べ物でないといけません。

お粥・雑炊・おじや・うどん・豆腐・豆乳・野菜スープ・バナナなどが良いでしょう。

弱った胃腸の回復を早めるという意味で、
食事の回数自体を減らすのも効果的です。

一日一食でも二食でも構いません。

消化の負担を減らしてやることで、胃腸を休ませる事が出来ます。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す