鼻炎の子供の咳や頭痛の治し方や対処法


子供が風邪でもないのに咳や頭痛で苦しんでいるけど、
どうすればいいのかと悩んでいる親もいるかもしれませんが、
これらの症状は鼻炎から来ている可能性もあります。

 

子供と大人では鼻炎の症状の現れ方が少し違っていることがありますので、
このことを認識して正しい対処の仕方を学んでおくといいですよ。

スポンサードリンク



鼻炎の子供の咳を抑えよう!

上半身を軽く起こして寝せる・横向きに寝る

眠っている際に鼻づまりまたは咳で苦しくしている際には、クッションとか毛布を頭から背中まで敷き、軽く上体を起きるような感じにしてあげといいです。

頭を高くすると鼻の通りが良くなったり、痰が切れやすいようになったりしますから息づかいがしやすいようになるはずです。

 

鼻水がドバドバ出て、喉に垂れてしまうということが何度も何度も生じるときは、できるなら子供を横向きにして眠らせてみてみましょう。

喉元に鼻水が流れてくるということを阻止する事ができて、喉を刺激することや、むせてしまう事も減って楽になりますよ。

 

ホットな飲料を飲ませる・室内の加湿を行なう

白湯または温めた麦茶を飲用させてあげるといいです。

ホットなものを口に入れるときに湯気を鼻から吸引する状態にすると、より鼻の通りがよくなります。

気管も拡大し息をするのがしやすくなることにつながりますよ。

 

湿度の低い空気においても大敵ですので、加湿器を活用したり、濡れたタオルを室内に掛けるといいです。

喉が乾燥することも防止するということが行なえ、咳が楽になります。

鼻炎の治し方で子どもの場合は?

元凶となる物質を近づけない

 

② 遠のけることが難しい場合 薬物治療法を意識的にしてもらい そのような時期を乗り切る。

 

減感作療法といった 原因物質をわざとカラダに注射を週毎に実施することにより だんだんとアレルギー反応が発生しない状態にする

以上のことが対処法としてあげられます。

 

また、家庭療法でのヨーグルト甜茶シソといったものが 作用して 効果が得られたというのは以前からありましたが こういったものに対して投資して 時間と費用を掛けても効き目がない場合は減感作療法を 挑んでみたほうが 同じ程度の料金で有効性が高いかどうであるのかというのははっきりとするでしょう。

 

普段できる予防法として、
食事内容の改善という意味では 質素な食事にすることが持って来いと考えられます。

 

高タンパク 高カロリーをとるということがその 結果カラダ中の抵抗力を弱めてしまうことにつながり アレルギー体質になってしまうとも考えられています。

 

鼻炎からくる頭痛が子供に出るときの対処法

子供のケースでは、成人のアレルギー性鼻炎と状態の発症のしかたが僅かながら違うことで、子供に症状が見られるようになってもまわりの大人はアレルギー性ということに認識しづらいケースも珍しくありません。

 

子供のアレルギー性鼻炎は、くしゃみであるとか鼻水に比べて、頭痛や鼻詰まりといった息のしづらさに影響される口呼吸、そして食欲不振であったり倦怠感をよく見られます。

さらに花粉症に関しましては、結膜炎を引き起こして目が充血するなど目の周辺にかゆみであったり腫れぼったい状態を伴ったりしてしまう見受けられます。

幼い子供が鼻周辺をむやみにいじくっているとすれば、鼻炎に影響されて鼻が不快に感じているかも知れません。

 

子供が日ごろより鼻炎を発症させているとか、風邪をひいていないにも拘わらずシーズンの移り変わる頃に症状が発生したりするようなら、アレルギー性鼻炎の可能性があるので耳鼻科を受診させるようにしましょう。

 

アレルギー検査を行うことで、アレルギーが有るか無いかであったりアレルゲンというものが何であるか分かるようにする事が可能になります。

 

さらには症状は鼻炎の薬を処方されることで緩和するでしょう。

 

子供のアレルギー性鼻炎につきましては、親がアレルギー体質であったら遺伝で起こり易い割合が高いです。

さらには小児ぜんそくなどというような、かねてからアレルギー体質についてもアレルギー性鼻炎を併発しやすくなってしまいます。

 

本来なら体質が元となっていて、ひと度引き起こされると治癒させるというものは困難なわけだが、アレルゲンに触れさえしない限り、症状を抑制して活発に送るようにしていくことだってやれる病気だと言えます。

何と言っても子供にアレルギー性鼻炎の前兆が現れたら早急に来院させ、アレルゲンが何なのか明確にすると言うことからオススメいたします。

 

まとめ

子供は大人に比べると免疫力が低いために、
成人よりも神経を使って鼻炎対策をしなければなりません。

 

今回ご紹介した鼻炎での咳や頭痛対策をしていき、
可能ならすぐにでも病院へ連れて行くことをおすすめします。

 

鼻炎は苦しいものなので、
症状が少しでも出ないように子供に協力するようにしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す