ハロウィンはいつ?衣装のかぼちゃの簡単な作り方は?


毎年10月になったら、

どこのショップであってもハロウィンのデコレーションをしており、
オレンジ色であったりかぼちゃなんかをしょっちゅう見かける事が多いです。

 

そういったショップのデコレーションというものは、
早いうちにされてしまうということから
ハロウィンの正しい日にちはいつなのだろうか関心を持ちチェックしてみることにしました。

 

スポンサードリンク



ハロウィンの日にちはいつなのか?

正確に言うと10月31日から11月2日の間ということです。

 

11月1日というのはキリスト教の万聖節(聖者に対して祈りを捧げる日)になって、
そのような前夜祭から2日迄をハロウィンとしています。

 

米国の子どもたちと言うと10月31日になれば、
コスプレを行なって”Trick or Treat(トリック オア トリート)”
お菓子をあげないと悪戯するぞ
と言って各家をまわるということは知られていますね。

 

ハロウィンのかぼちゃの衣装の簡単な作り方!

【用意する物】

オレンジ色の布
ゴムひも
黒いフェルト(裏側に吸着材が付けられた物)
手芸用のワイヤー

 

【製作する一連の流れ】

オレンジ色の布を肩を基点として太ももにわたる寸法でカットしたのを2枚準備します。

 

りょうはじを20センチ程度取っておいて(腕を出す部位)、
筒状となる具合に上下を縫い合わせてしまいます。

 

上のはじと下のはじを三つ折にして、
ゴムひもを通していきます。

 

上の方は首の部位になりますから、
多少小さくしておき、
下の方は尻の部分になるため、
余白を作っておきます。

 

この段階まででかぼちゃのそのものについては完成となります。

 

粘着材のついている黒いフェルトを
顔のシルエットに切り抜いてかぼちゃの衣装に引っ付けて行きましょう。

 

ここまでで出来たものをスモックみたいに被ったら
ハロウィンのかぼちゃになるはずですね。

 

これくらいであろうととっても問題ないのですが、
もう少々手を入れて丸くなるような衣装にするときは、
手芸用のワイヤーをこのような衣装の裏面から貼付していきます。

 

丸くボールという感じの形にしようと思ったら
大小の輪を合わせてくっつけると仕上がります。

 

このような衣装というものは仕立てることは労力が要りますが、
映像などを利用してとっておくことで
時間がたってから思い出となって楽しむことができますから
それを楽しみにしながら製作してみてくださいね。

 

お子さんを持っている人は、
いつも着ないようなタイプを身に付けることになりますから、
満足できるのではないかと言えそうですよ。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す