黄砂対策のおすすめグッズ!車の場合や予防の注意点とは?


黄砂の時期になると
「目は痛いは、くしゃみは出るは、車は黄砂まみれになるは」で
億劫な気分になってしまいますね。

 

そんな気分が落ち込みガチになる黄砂に対しての対策や
予防法と行ったものをご紹介していきます。

黄砂対策のおすすめグッズ

マスク

 

吸入を抑止するベストグッズに関してはマスクが挙げられます。

とは言っても今現在流通されているのは、花粉だけターゲットにしているものや、
PM2.5においても応対している商品が混ざっていることから、
グッズを購入する前には取説をジックリ確認して買っておいた方が安心できると思います。

 

この商品はpm2.5であろうともプロテクトが万全なマスクとなります。

 

眼鏡

 

昔からある黄砂対策グッズの「スカッシースマート2」。
花粉にとどまらず、黄砂に対してもバッチリと抑制できる眼鏡です。

 

ブラシセット

 

外に出れば洋服に対して花粉であったり
ほこりというものが引っ付くということは回避できません。

 

しかしながら自宅の外で簡単に振り払うだけであっても効果がありますので、
家の入口に準備しておきたいブラシでございます。

 

衣料ブラシというのは花粉であったり埃を落とすは当たり前として、
衣料の状態を長引かせる有効性が出てくると言われています。

 

浅草の実績のあるお店が作り上げているブラシ。

 

ブラシにこびりついたホコリをとってしまうというのは
専用のものがなければ困ることから一緒に手に入れることが望ましいと思います。

 

黄砂対策をする時車の場合は?

1、さしあたってPM2.5であるとか黄砂といったものが舞って無い、
晴れた日の朝方に空気の入れ替えをすることをおすすめします。

 

空気の入れ替えをする時に関しては、窓を全てオープンしてドアであっても全部開けます。

 

座席を手を使ってパンパンたたいて座席の毛髪に付着したPM2.5であったり黄砂をはじき出します。

 

それからウェットティッシュだったり濡らした雑巾を使って
ダッシュボードであるとかハンドル、
または窓ガラスといったものを拭ききれいにします。

 

座席も一緒に拭いておいた方が良いでしょう。空調のふきだし口周辺もきっちりと拭き上げます。

 

2、黄砂の飛散が真っ盛り時点で車を洗ったりしても、
きれいにしてすぐに黄砂というものが降ってきて
言ってみれば同じことの繰り返しになってしまいます。

 

その中でも洗車を終わった後のふき取りしている間に再び積もった黄砂で
車体表層にすり傷を入れ込んでしまうのが多いから、
黄砂ばっかりの日は柔らかいモップを使って簡単にキレイにする程度でやっていくといいです。

 

3、急にスポンジで洗うのはやめたほうがいいです。

これこそが最も多いキズをつける原因といえます。

とにもかくにも水をぶっかけることが第一ですね。

初めにホースを使って車体にいっぱい水をかけながらも
ソフトに黄砂を洗い流してください。

 

その時高圧洗浄機などというようなものがあったとしたら望ましいと思いますね。

排除するというのはルーフとか上から順に攻めた方が良いでしょう。

ダーク系統の塗装というのはその中でもダメージというものが際立つものなので、
気を付ける必要があります。

 

鉄粉排除専用の粘土を使用するのもありなんですけれども、
すごくめんどうであり時間がかかります。

 

いくらなんでもそんなにデリケートにならなくてもオーケーです。

鉄粉排除スプレーといったものが売られていますので、
そういったものをを吹きかけ洗浄するといいでしょう。

 

4、ふかふかのスポンジを使ってジャンプー洗車を行なう

少し大きいスポンジとたくさんの泡を使ってきれいにして行ってください。

 

バケツにカーシャンプーを混ぜ入れたらしっかりと混ぜ合わせて泡で一杯にしてください。

 

タップリの泡を使ってフンワリと負担がないように綺麗にしてしまいます。

この際にも上の方より順番に下部へいくような調子でピカピカにしていくといいです。

この時どうあっても力を入れるということはやめて下さい。

 

そっと柔らかく洗っていきます。車体の下部をキレイにしたら、
スポンジを着実にひとまず水ですすぎます。

 

このとき、まとめてすべてを洗おうとはせずに、ルーフであったり、
ボンネットであったりと区切ってまめに洗い流していくといいです。

 

細部につきましてはマイクロファイバータオルだったり
使用したの歯ブラシなどの方法でお手入れすると良いでしょう。

 

5、仕上げはWAXを使ってコーティングして黄砂から守る!

WAXを活用してコーティングすると、車の塗装表層というものがスルスルとなって、
黄砂のみならず花粉とかPM2.5といった微粒子というものが付着しにくくなります。

 

このお蔭で、しばらくしてから何日かというのは
モップを使って振り払うのみで簡単に黄砂を落とすことができます。

 

水垢みたいなものと一緒で、日頃のメインテナンスというものが功を奏するものです。
放っておくことが最もあってはいけません。

ただし、どんなにやる気がでてきたからといって固形ワックスというのは避けた方が良いです。

 

固形ワックスが乾き切る前に黄砂が入りこんできて、
同時に固めこんでしまう可能性があるためです。

 

黄砂対策予防法!

3月~5月ごろは黄砂が大量にあちこちに飛ぶシーズンとなります。

 

この他には花粉症のシーズンとも重複することが理由で、
ひどくなってしまうことがないように
キッチリと対策をすると良いでしょう。

 

気をつけるべきチェック項目!

・黄砂ニュースを確認して飛散状態を理解する。

・黄砂が大量に飛んでいる日は出来るだけ外に出ることを止めておく。

・黄砂が多く飛んでいるときは室外にに洗濯物だったり布団を干さ無い。

・外に出るときにはメガネであったりゴーグルを使って目を防御する。

・花粉症用よりも密度が高いウイルス用のマスクを着用していく。

・高機能フィルターの空気清浄機を利用する。

というような、花粉と変わらないくらいに室内であるとか
カラダ中に摂り入れないことを意識することが大事になります。

 

ただし、黄砂又はPM2.5に関しては花粉と比較しても小さな粒子ということで
マスクなどというようなグッズをセレクトする場合では気を付ける必要があります。

 

まとめ

黄砂が舞う時期には花粉も空気中に含まれる時期と重なり、
しっかりと対策をしていないと今までこの時期になっても
特に症状が出ていなかったとしても
くしゃみや目の腫れといった症状が出てくることもあります。

 

こうなってしまうと普段の生活に支障をきたすことになるので、
きっちりと予防・対策をして行ってくださいね。

こんな記事もよく見られています♪

コメントを残す