台風の時期は?日本では?沖縄や九州では?台北では?


雨が降る日が多くなり、

湿気が増えてくる時期になると

台風のことが気になってきますね。

台風

 

 

さて、台風は各地で時期が異なってきますが、

いつからいつまでなのでしょうか?

 

台風の発生する時期について

1月から順に見ていきましょう。

スポンサードリンク



 

まず1月なのですが、

1月は前のシーズンの台風が発生しておりますが、

日本に接近することはありません

 

2月では世界的に見ても台風発生が一番少ない時期で、

台風がまったく無い日もあります。

 

3月にはいると早くも台風の時期に入るのですが、

発生数も少なく日本に接近することはありません

 

4月の台風は、フィリピン方面に向かうのですが、

まれに沖縄に接近することもあります。

しかし、まだ4月というのは日本で台風の時期とはいえません。

 

5月になると沖縄や小笠原に台風が接近して、

日本にも台風の時期に入るころです。

 

6月にもなると雨が多くなる時期になり、

勢力が強い台風が発生します。

6月から日本に接近する台風の数も増えていき

警戒が必要になってきます。

 

7月から台風の時期が本番に入ります。

学生が夏休みに入ることもあり、

プールや山に行く予定日の天気が気になりますね。

 

8月は強烈な台風が発生し、

特に後半には時期的に危険になってきます。

 

9月は、台風が発生しやすいのと日本に接近しやすいので、

もっとも危険な時期だといわれています。

このため大雨での災害件数も増えますので、

注意が必要です。

 

10月にはいると

台風が北に進むことが少なくなりますが、

勢力が強い台風ですと日本に接近することもありますので、

まだまだ警戒する必要があります。

 

11月でも南の海で強い台風が発生しますが、

日本では小笠原などの日本の南部以外には台風が接近することはありません。

 

12月に入っても台風は発生しますが、

北に進むことは無くほとんどは西から東に進むので

この時期に日本で台風を警戒している人はほとんどいません。

 

大体日本では、一年の流れ的にこのような感じになっています。

 

ではもっと詳しく各地ではどのようになっているのでしょうか?

まず沖縄は、

8月に台風が接近することが多く時期で言うと

7月から9月が台風の時期といえます。

 

沖縄旅行に行く際は、

この月以外を選ぶのが台風の影響を受ける確立が少なくなりますが、

やはりこの時期に沖縄に行きたくなるので悩みどころですね。

 

続いて九州ではいつぐらいが台風の時期に入るのでしょうか?

九州に関しては8月と9月に台風が接近することが多く

沖縄と同じく7月から9月が台風の時期といえます。

 

台風の時期に関して日本だけではなく

海外、特に台北ではどのような時期になっているのでしょうか?

台北は沖縄に近く、暑い地域であり、

4月から10月までは夏日になることが多いです。

 

そして、沖縄同様台風が接近することが多く

特に6月から9月にかけて多くなります。

 

台北にやってくる台風は

勢力が衰える前に接近するので、

猛烈な台風がやってくることが多いです。

 

なので強い台風がやってきたりすると、

学校やお店なども休みになることがあります。

 

台風は一年通してみると

発生自体発生はしているのですが、

特に7月から9月にかけて接近することが多いので、

この時期は注意しておきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す