黄砂アレルギーで目の周りが腫れる時や痒みの対策法!


「いっそのこと目を洗いたい」
と思ってしまうほど黄砂は目への影響が大きですね。

 

今回は黄砂アレルギーから来る目の腫れや痒みが出るときの対策法をご紹介していきます。
目をやられてしまうと日常生活にも支障をきたすことになりますので、
少しでも黄砂から来るストレスを解消してもらえればと思います。

 

スポンサードリンク



黄砂アレルギーで目が腫れるときはどうすればいい?

黄砂が原因の目のかゆみもしくは充血のケアの仕方
抗ヒスタミンが含まれる点眼薬を使って充血または目のかゆみの炎症を静めといいです。

 

清涼感が含まれているタイプを使うことで痒くことが困難な苛つきを解消してくれるはずです。

 

黄砂が原因の目のかゆみまたは充血の解決策
大気の中に舞い散るアレルギー物質をなるべく回避する効果を期待して、
外に出かける時においては花粉症用のメガネを使用しましょう。

 

黄砂アレルギーからの目の周りの対策法!

目の周辺のタダレが深刻な問題となるこの時期の黄砂が舞い上がる期間になると、
アレルギーなんかが悪くて、
目の周りにかゆみが生じたり、喉には不快感、皮膚のかゆみなど
様々な症状が出てきます。

 

特にひどい年になると、目の周りであったり、まぶたを集中して、
皮膚がただれてきたり、皮がめくれ上がるし、
残念なことにアトピーという様な症状も出てきます。

 

ほかには皮膚もカチコチになったり、二重の幅サイズが変になるほど変化します。

 

皮膚科に来院して、まぶた専用の少々ステロイドの含まれた塗布薬をもらい、
多少は効果があるのですが
寝ているときに痒くて目の周りをかきむしってるみたいで、
ますます荒れてしまったり、塗り薬であっても簡単に落ちてるようで、
ちっとも効き目がないことがあります。

 

こんな時には、医療機関まで足を運んで相談することにより、
あと少しステロイドが強力な薬を提供してくれるのはないでしょうか。

 

黄砂が飛んでる日にはは、マスク&メガネをして
出来るかぎり外に出ないということが最も大きな防止策と思われます。

 

黄砂アレルギーによる目の痒み対策法は?

黄砂の粒子というのは花粉の10%ほどの大きさしか無いために、
花粉症対策のマスクを使っていたとしても黄砂なんかが通り抜けることがあるので、
風邪又はインフルエンザ専門のマスクじゃないとダメなのです。

 

目においてはゴーグルスタイルのメガネを使っておく方が、
症状が緩和されることもあるのでおすすめです。

 

俗にいう花粉症のゴーグルパターンに加えて、
近頃は割りと軽量でスタイリッシュな外見の防塵フレームメガネも売られていますから、
見た感じにおいてさえマシになってきております^^

 

コンタクトレンズを使用している方は使い切りの
ワンデータイプに切り換えてみるということもアリですよ。

 

コンタクトレンズに貼り付いた黄砂をきちんと洗浄できて無い状態で
保存液に漬けて利用し続けてしまったら、
アレルゲンというものがいつでも目に付着した状態になりかねません。

 

コンタクトレンズは目に覆い被さっていることから、
アレルゲンから目を保護してもらいやすいなんですけれども、
アレルゲンがくっついた状態で利用し続けるという事は逆の効果になってしまってしまいます。

 

それに対して、ワンデータイプにおいてはいつも衛生的なレンズに取り変えることから、
アレルゲンを減少させることができてしまいます。

 

コンタクトレンズを使用している方も、
度が入っていないゴーグルタイプのメガネを一緒に使えば二重に防止できるために敵なしですよ^^

 

黄砂の飛来最盛期っていうのは、花粉症と同じ様なもので、
黄砂を肌又は衣類に対して付着しないといったふうなアレンジしてしのぎきってもらいたいと思います。

 

まとめ

今回ご紹介しました黄砂アレルギーの症状を悪化させないためのポイントであったり、
どうしても黄砂アレルギー反応が出る時におすすめの対策法を実践していただき、
このつらい時期を乗り切っていただけたらと思います。

 

黄砂は目だけでなく鼻や肌などにも影響が出てくるものなので、
そのようなアレルギーに対するおすすめのグッズなんかも紹介していきますので、
そちらの記事を読んでもらえたらと思います。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す