赤ちゃんがダウン症になる原因は?寿命は?胎児のエコーの特徴は?


日本ではダウン症の赤ちゃんが生まれる人数が、

1000人に一人といわれており、身近にいる存在となっています。

スポンサードリンク



 

 

赤ちゃんがダウン症になる原因は?

人間の細胞は22番の染色体がペアになって保持された状態のですが、

これがダウン症の場合ですと21番目の染色体が変異を起こし1本多い

3本に増えてしまいます。

 

このように染色体が異常を起こしてしまうことが、

ダウン症の原因となってしまいます。

 

 

高齢出産の場合、

卵子に異常が起きやすくなってしまい、

ダウン症になる確率も上がります。

 

女性だけではなく、高齢の男性の精子も

異常がおきやすくなりますので、

男性・女性がともに高齢の場合は、

特にダウン症になる確率が上がります。

 

 

高齢だけではなく若いときにする出産でも

ダウン症になる確率が高くなるので、

その辺は計画的にやってもらいたいです。

 

ただダウン症だからどうとかは無く、

普通の子供たちと同じように愛して欲しいとは思います。

 

 

ダウン症だと寿命が短いのか?

これはダウン症だから寿命が短くなるということではなく、

ダウン症になると合併症を引き起こすことが多く

それにより亡くなってしまうことがあるのです。

 

大体生まれてから心臓に異状があることが多く、

これにより幼くしてなくなってしまうことが多いです。

 

成人すると平均寿命は60歳前後であり、

ダウン症で無い方と比べるとかなり低くなるようです。

 

 

胎児をエコーで見ると首に浮腫が見られることがあります。

これは染色体の異状によって

首が太くなってしまうので、これによって

ダウン症であると見分けることもあります。

 

しかし、首が大きく見えるというだけでダウン症だと

なかなか判断することが難しいです。

 

エコーですと当てる角度などによって見え方が違うことがあります。

ダウン症の特徴である鼻が低いだとか目がつり上がっているであるとか

ひどいときは足が一本しか見えなかったりとかするので、

仮にエコーで胎児の様子を見たとしても

あまり真剣に見る必要は無いかと思います。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す