セミの鳴き声を止める方法!鳴く時期や意味は?


セミの鳴き声を止める方法!鳴く時期や意味は?

梅雨が空け暑くなってしまうと

セミの鳴き声が耳に入ります。

 

セミの鳴き声を聞いたらこれから夏だよなあと感じていますが、

あのような際立つ声に毎年毎年やかましく感じざるを得ません。

 

その中でも眠りに就いているタイミングにセミの鳴き声で目を覚ますと

不愉快な気持ちにさせられます。

 

そういうわけでセミの鳴き声に関しまして調査しました。

 

鳴き声を止める方法もありますので

そういったことをご説明していこうと思います。

スポンサードリンク



目的のセミの鳴き声を止める方法ですが、

これに関してはセミそのものを寄せつけないということが効果的です。

 

木に網を遣っておくことによってセミが木に止まることなど出来ませんが、

これについてはかなり手間暇かかりますし、見た感じであっても良くなくなってしまいます。

 

そういう理由でお手頃な方法で防虫剤を使用するといった対処の仕方があげられます。

 

これについては一般的に売られているバポナ、または虫コナーズというような防虫効果の高いタイプを

木にかけておくというような方法です。

 

しかし虫コナーズやバポナは思った程の防虫効果の見られないの可能性もあります。

 

そんな訳でそういった時では、木酢液・竹酢液を木に塗布しておくというような方法が

効果を発揮するようです。

 

こういった木酢液や竹酢液は防虫効果が高くて、

セミは勿論の事他の虫も寄せ付けないとのことなので

夏みたいに虫がたくさん発生する時季にはもってこいの方法です。

 

セミの鳴き声が不愉快だと感じたとしたら、

木酢液を利用してセミを寄せ付けないようにしてください。

 

セミが鳴く時期に関してリサーチをしてみたのですが、

早いセミであれば4月の下旬から鳴くセミがいるようです。

 

更にはセミの種類の中においては10月までも鳴くセミもいまして

日本国内では約180日間セミが鳴いていると言われています。

 

これについては地域に応じて異なってしまいますが、

最もセミの鳴き声を数多く耳にするのは7・8月が多いです。

 

この時期が特にセミの鳴き声が嫌気がさすと感じると思いますので、

先程ご案内した方法をこの時期に行なっておくことが望ましいですね。

 

セミが鳴く意味なんですけれども、

これはオスがメスを誘うことを狙って鳴いているのです。

 

ということで鳴いているセミは全てがオスということを意味します。

 

セミのメスは鳴く器官を持っておらず、

鳴くことはないのです。

 

セミに鳴き声を止める方法から、鳴く時期や意味に関して

詳説していったのですがこういったものを参考にして貰えたらOkかと思います。

 

この時期は寝辛いものですから

セミの鳴き声は心の底から不愉快だと言えます。

 

寝不足とかでスタミナが低下し夏バテに陥らないために

キッチリと策を打っておいた方が良いでしょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す