七夕や短冊や笹飾りの由来は?どんな物語?そうめんを食べる日?


七夕や短冊や笹飾りの由来は?どんな物語?そうめんを食べる日?

7月7日は七夕の日なんですが、

七夕そのものは日本に限定されたものだとは言えませんです。

 

海外に関しては、台湾・中国・韓国・ベトナムといったところでも

七夕の日というようなものがあるのです。

スポンサードリンク



七夕の由来は?

七夕は元を正せば中国のイベントであって、

そのことが奈良時代に行き渡ったと言われています。

 

日本国内に昔から存在した棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって

七夕と呼ばれるフレーズといったものが出来ました。

 

そのことが江戸時代に七夕の催事といったものが全般的ににおいても広がっていき、

笹飾りに取り組んだり短冊には願望を記すというというのが、

この時代によって始まったとされています。

 

幼稚園に通園していた時に短冊にお願い事を記して、

笹に結び付けたことを経験したのではないでしょうか。

 

七夕の物語はこんな風になっております。

 

かつて、天の川の近くには天の神様が暮らしておりました。

 

天の神様には、一人の子供がおりました。名前を織姫と呼んでおりました。

 

織姫は機を織って、神様らの衣服を仕立てる役目を果たしていたのです。

 

織姫がほどなく年頃となって、天の神様は娘に対して、御婿さんを邀えてあげようと考えておられました。

 

方々探して見つけ出した方が、

天の川の岸で天の牛を飼って住んでいる、彦星と呼ばれる青少年とのことです。

 

彦星は、本当に素晴らしい青少年だったのです。

 

織姫も、かがやくばかりに可憐な女性であります。

 

両者はむこうを一目見たときから、好意を抱きました。

 

両者は結ばれて、幸せな日々を過ごして行く様になっていたのです。

 

しかしながら、仲が良過ぎるというのも厄介なことで、

両者は働くことを忘れ去って、遊んでばっかりいる様になってしまったのです。

 

そんなことをしていたら、天の神様のところへ、たくさんの人不平不満を言いにやって来る状態になりました。

 

「織姫が機織りはやらないお陰で、沢山の人の衣服が古くてボロッボロであります。

今直ぐに新たな衣服を作り出して頂きたいです」

 

「彦星が干渉しないことが理由となって、牛たちらが病気を引き起こしております」

 

神様は、これ以上ないほどカンカンになってしまって

「両者は天の川の、東と西に別れ暮らしていくがよい」に違いないと考えて、

織姫と彦星を、離別してしまいました。

 

だけども天の神様は、織姫がものすごく悲しそうにしているのを目にして、

このように口にしました。

 

1年にたった一回、七月七日の夜のみ、彦星と出会っても構わない

 

そのようにして、1年にたった一度顔を合わす日のみを楽しみに待って、

織姫は365日、真面目には機を織ったのです。

 

天の川の向こう側の彦星においても、天の牛を養う職に取り組みだしたのです。

 

それから、待ちに待った七月七日の夜、

織姫は天の川を渡り、彦星の元へ顔を合わせに訪ねます。

 

一般的には、7月7日は七夕の日といわれていますが、

そうめんの日という面があります。

 

どんな理由でそうめんの日であるのか?

平安時代に七夕の日にそうめんを摂取すると、

深刻な病に掛からないと言われ宮中で食べられていたとのことです。

 

そのことが大衆ににおいても広がって行き馴染んでいったんだそうです。

 

このような事があって、

日本乾麺組合連合会が7月7日はそうめんの日と決定したのです。

 

7月7日はそうめんの日だと叫ばれているものは

初めて聞いた人もいるのではないかと思います?

 

そうめんを味わってみる場合は

季節的にとっても良いから七夕の笹飾りを鑑賞しながらそうめんってのも良いと思いますね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す