プール熱に大人が発症したら仕事場で感染してしまうのか?


プール熱に大人が発症したら仕事場で感染してしまうのか?
暑くなってプールのシーズンになったら

プール熱が注目されだします。

 

プール熱に罹ってしまいますと、

高熱を出したりのどの腫れが発生したりとめんどうな状態になってしまいます。

 

大人がプール熱を発症してしまうことになれば

一緒の仕事場に勤めている他人にさえ感染することになるのか不安になってくると思います。

 

この度プール熱のことに関して調べましたから、

この点において紹介されている内容を参照してみるのもいいと思います。

スポンサードリンク



プール熱ってどういうもの?

 

正式な呼び方は咽頭結膜熱といってアデノウィルスに影響されて感染する感染症とのことです。

 

プールの水を介して感染する傾向が強いことが理由となって、プール熱と呼んでいるのです。

 

高熱が4日間から7日間継続し、のどの腫れと結膜炎が発症する恐れがあり、

結膜炎の状態になったケースだと目が充血してしまう可能性もあります。

 

プール熱の感染力は強力なことが原因なので、

お子様がプール熱を発症してしまった場合うつされない対策のためにも

マスクをやって感染することが無いように注意しましょう。

 

大人が感染したとしたら、

仕事は休んだ方がいいでしょう。

 

強引に仕事場に足を運ぶと周囲の人にうつす怖れがあり、

仕事場にての能率が低下してしまいます。

 

プール熱の症状と言える高熱や、のどの腫れが引いてたとしても

アデノウィルスは身体に潜伏していることから、

回復しても2日間は仕事に足を運ぶということは止めにしておいた方がベターです。

 

何としても職場に出勤しなければいけなかったら、

マスクを使い人との接近を自粛するように気を付けて下さい。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す