台風シーズンはいつまで?最も多い季節は?強さの基準は?


台風シーズンはいつまで?最も多い季節は?強さの基準は?
暑くなるとなったら台風が出てきて、

進む方向や台風のスケールといったものに興味を惹かれますね。

 

この時期ともなれば、海の他にも山に出かける機会が多くなり

台風のせいで計画が乱れてしまうことにつながります。

スポンサードリンク



全般的に台風のシーズンはいつまでなんでしょうか?

 

台風の発生そのものは4月とかにでも発生している訳ですが、

日本に接近するということが増加するのは、

7月にはいるぐらいから増えてきて来るんです。

 

多くの場合7~9月迄に発生した台風が

日本に近付く傾向が高く、

10月にもなったら日本に近付くと言うのはあまり見られなくてなってきます。

 

台風は10月の場合でも生じている訳ですが、

日本にはほとんどのケースで近づいたりしないことから、

日本の台風シーズンは9月の間までと捉えて問題ありません。

 

ただし、10月にも台風が近付く事はございますから、

ニュースを常日頃チェックおくことにした方が良さそうですね。




スポンサードリンク

 

台風シーズンは、7~9月だと前述しましたんですが、

その3ヶ月の範囲内で最も台風の多い季節はいつなのだろうか引っかかりますね。

 

これまでのデータで判断すると、

8月が格段に台風接近数が多くあると予測されます。

 

それから9月、7月になってきます。

 

10月も7~9月に比べてみると台風接近の頻度数というのはあまりありませんが、

365日の間では4番目に多く台風がきているので、

台風の準備の為のものは万が一の時のために片づけ無い方が賢明だと思います。

 

これまでの台風情報で見ると、

4月にも台風が接近したなんていう記録があることから、

台風が多くある季節でなくても台風情報はきちんと確かめておいた方が良いと思います。

 

台風の強さを示す言い方の中に、

猛烈な強さであるとか大型の台風というような物を活用するのですが、

このような基準はどのように決定しているんでしょうか?

 

はじめに強さの階級分けというものはこういったふうに表示されています。

 

強い:33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満

非常に強い:44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満

猛烈な:54m/s(105ノット)以上

 

最大風速がこちらの範囲内で、

強さの階級分けをやっています。

 

それから、大きさの階級分けはこういった様になっております。

 

大型(大きい):500km以上~800km未満

超大型(非常に大きい):800km以上

 

風速15m/sを上回る半径の範囲内で、

大きさの階級を振り分けてるのです。

 

 

台風の事前の知識の一つとして

これに関する内容を把握していたら、

天気予報で台風情報があった際に

理解し易いのではないかと思われますので頭に入れてみることをオススメします。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す