ダウン症の原因は男性?卵子や遺伝?薬?高齢?


ダウン症の赤ちゃんが生まれやすい原因は

いったい何なのでしょうか?

 

こういった子供関係の問題、例えば不妊の事だったりすると

女性のほうに問題があると男性は言いがちですが、

半分は男性のほうにも問題があることがあります。

スポンサードリンク



 

 

ダウン症にしても女性の体の問題だけではありません。

男性もこのことはしっかりと意識して、

問題に向き合う必要があります。

 

まず、ダウン症になる原因は、

精子や卵子ができる過程で遺伝子に異常をきたし

その異常をきたした精子や卵子が受精をしたときになっていますのです。

 

 

ダウン症になりやすい可能性があるものとして、

高齢出産があげられます。

 

なぜ高齢出産がダウン症になりやすいのかというと、

高齢になるほど精子や卵子が異常を起こしやすくなり

ダウン症の子供ができやすくなります。

 

 

ダウン症の原因として、

薬の服用があげられますが、

やはり妊娠中は薬の服用は止めたほうがいいです。

 

特に5ヶ月ぐらいまでは

安定しませんので、その期間は薬の服用はしないほうがいいでしょう。

5ヶ月も過ぎると割りと安定してきますので、

薬を服用してもいいのか医者と相談してみてください。

 

 

あと、ダウン症の原因に

遺伝すると考えられる方もいらっしゃいますが、

ダウン症が遺伝することはほどありません。

 

ほぼといったのは100%とはいえませんが、

かなりの確率で遺伝は考えられないといえるからです。

 

なぜそのようなことが言えるかといいますとダウン症の原因は、

染色体の異状によって引き起こされるからです。

 

これは遺伝するものではなく

精子や卵子の遺伝子が突然変異して

染色体の異状を引き起こしてしまいます。

 

なのでダウン症の遺伝というのは

極少数派になります。

 

 

妊娠中の喫煙や飲酒はダウン症の原因になるのでしょうか?

これに関しては直接ダウン症の原因になることはないようですが、

やはり自身の体や胎児にも悪影響を起こしやすく

ダウン症以外の問題が出てきやすいので、

止めたほうがいいです。

 

特に高齢出産の場合は、

この辺のことに気をつけてくださいね。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す