風呂のカビに重曹やエタノールでは?次亜塩素酸ナトリウムでは?


風呂のカビに重曹やエタノールでは?次亜塩素酸ナトリウムでは?

カビ対策にいろんな洗剤などがありますが、

どういったものがカビに効くのかよくわかりませんよね。

 

今回はいろんなカビ対策のものの中で、

重曹エタノール次亜塩素酸ナトリウム

カビに効くのかを解説していきます。

 

スポンサードリンク



風呂のカビ掃除に重曹は効果がある?

掃除用洗剤としてもよく使用される重曹ですが、

カビに対しては効き目はありません。

 

カビに重曹をかけてこすれば多少カビは取れますが、

殺菌作用はありませんので、

カビの菌自体はそのまま残ってしまいます。

 

意外とカビ掃除として重曹を使われる方がいますが、

重曹でカビを取ったとしてもすぐにカビが生えてきてしまいます。

 

風呂のカビ対策にエタノールの効果は?

エタノールは殺菌作用があるので、

カビ対策で使用すると非常に効果があります。

 

カビを取るときに使用するなら、

噴きかけるだけではあまり効果がありませんので、

雑巾や布に染み込ませて拭きあげてください。

 

また、拭きとったあとにエタノールをかけておけば、

カビ発生を予防することもできます。

 

次亜塩素酸ナトリウムでカビ取りはできる?

次亜塩素酸ナトリウム自体を使用するよりは、

次亜塩素酸ナトリウムが入っている洗剤を使うとカビ取りを簡単にすることができます。

 

次亜塩素酸ナトリウムを自分で濃度を調整しようとすると、

塩素のような有害なものが発生することがあります。

 

なのでカビキラーやドメストといった次亜塩素酸ナトリウムが入っている

一般の洗剤を使用してカビ取りをしましょう。

 

まとめ

重曹は汚れを落とすために使うものなので、

カビ対策に使っても意味がありません。

 

カビを落とすならエタノールや次亜塩素酸ナトリウムが入っている洗剤を使うと良いです。

 

これらのことを参考にして頑固なカビを落としていきましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す