塩の湿気を簡単に取る方法!米の使い方は?重曹の効果とは?


塩で湿気を簡単に取る方法!米の使い方は?重曹の効果とは?

塩の瓶を振っても塩が湿気により固まり、

なかなか出てこないとイライラしてきますね。

 

もし塩が固まったとしても簡単にサラサラにする方法や、

固まるのを防ぐ方法をご紹介します。

 

ほかに湿気対策として重曹が使われることがありますが、

湿気に対して重曹はどのくらい効果があるのかも一緒に解説していきます。

 

これらを参考にして湿気対策をしていってくださいね。

スポンサードリンク



塩を使って湿気を簡単にに取る方法!

簡単に手っ取り早く塩の湿気を取るならば、

油気がないフライパンに固まった塩をなるべく崩しながら入れて、

焦がさないようにフライパンを振り乾煎りすると湿気はとれます。

 

フライパンを振るのがめんどくさくて、

簡単に湿気を取る方法としてレンジを使用する方法もあります。

 

まず塩の瓶のふたを外し瓶ごとレンジに入れます。

 

レンジに入れたら30秒から40秒でチンをして、

冷蔵庫に3分ぐらい入れて冷やします。

 

これを2,3回繰り返すと塩はサラサラになるので、

試してみてください。

 

塩で湿気を取った後の米の効果的な使い方!

塩の瓶に米が入っていることがありますが、

あれは塩は湿気を吸いやすいので固まりにくくしています。

 

なので米を効果的に使うには

軽く炒めて定期的に交換するようにするといいです。

 

このとき炒めた米は瓶に入れる前に

冷まして入れるようにしましょう。

 

たまに瓶に入っている米がピンク色に変色してしまうことがありますが、

これは米が湿気を吸いカビている可能性があります。

 

こうなったら新しいく米を炒めて

すぐに交換しましょう。

 

重曹を使って湿気を取る効果はどのくらい?

湿気を取るのに重曹を使うという方がいますが、

確かに重曹は湿気を取るのですが、

部屋において湿気対策をするというのはオススメできません。

 

重曹だとバケツ一杯にしておかない限り、

すぐにカチカチに固まってしまいます。

 

重曹を使うならげた箱などの狭い空間で使用するのが、

おすすめの方法です。

 

げた箱で使用するなら紙コップに重曹を入れ、

それを2,3個置いてたまにかき混ぜておくと2か月ぐらいは除湿効果があります。

 

まとめ

湿気対策はめんどくさいのですが、

日本は湿度が高く家も密閉度が高いので、

どうしても湿気がこもりやすい傾向があります。

 

ぜひ今回紹介しました湿気対策を参考にしてみてください。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す