床の湿気対策は?夏の部屋の湿気やカビを防ぐ方法


床の湿気対策は?夏の部屋の湿気やカビを防ぐ方法

部屋の湿気はカビ発生の原因となったり、

湿度と室温が高いと熱中症の危険性も出てきます。

 

湿気対策をしておくと見えないところがカビだらけになり、

いったんカビが生えると取り除くことは手間がかかります。

 

今回簡単にできる湿気対策を解説していきますので、

参考にして部屋にカビが発生しないようにしていきましょう。

 

スポンサードリンク



床の湿気対策!

床がフローリングであるならば湿気対策をしておかないと

すぐにカビが生えてきてしまいます。

 

そこで簡単にできる湿気対策として床一面に敷ける敷物や

じゅうたんを使用すると洗濯もできるので清潔にしておくこともできます。

 

予算を抑えるならばジョイントマットを使用するのもいいです。

 

あとは床に布団を敷きっぱなしにしておくのもカビが発生しやすくなります。

 

そうならないためにも床の上にスノコを敷いたり

除湿マットを敷いたりするとカビが生えるのを防ぐことができます。

 

人は寝ている間に汗をかいたりして

布団に湿気がたまるので布団乾燥機を使って湿気予防をしておくといいです。

 

夏の部屋の湿気対策

夏は湿度が高いので、

部屋の湿気対策は必須です。

 

とにかく喚起をすることが大事で、

昼間はエアコンをきかせて閉めっぱなしにするのではなく

窓を開けて空気の入れ替えをすることをお勧めします。

 

ただ雨の日や雨が止んだ直後は湿度が高いので、

外の空気は入れずに除湿器を活用しましょう。

 

靴箱など除湿器が使えないところは、

炒った茶の葉やコーヒー豆を空き瓶に入れたものや、

重曹を使うと湿気対策ができます。

 

部屋の湿気やカビを防ごう

部屋は閉めてしまうと空気の流れができずに

こもりがちになり湿気もたまりやすくなります。

 

そんな時に除湿器を使うことがあると思いますが、

より効果的にするには扇風機を使って空気の流れを作ると良いです。

 

一緒に空気清浄機で空気をきれいにしておくと

カビが発生するのを防ぐことができますのでより効果的です。

 

扇風機がない場合には換気扇を回し、

同時に除湿器を使うのも手です。

 

また部屋に湿気がたまるのを防ぐことに大事なことは、

洗濯したものを部屋干ししないことです。

 

部屋干しが避けられないときは除湿器と扇風機と

エアコンをドライで運転させておくと湿気はたまりにくくなります。

 

もし、壁紙がカビてしまったらカビキラーを薄めて使用すると

カビを落とすことができますので、

少しずつ使用して壁紙が変色しないように注意しましょう。

 

まとめ

湿気対策はめんどくさいですが、

きちんとしておかないとカビが生えてきてさらにめんどくさいことになります。

 

除湿や換気をしておき、

カビを防いで快適に過ごせるようにしましょう。

こんな記事もよく見られています♪




スポンサードリンク

コメントを残す